依存とは「甘ったれている」ということ

本人の心理の傾向から見て依存的であるという場合と、客観的な状態として明らかに依存しているという場合と、現実には両方あるような気がします。

よく言われることですが、客観的に見ると依存体質に見える人ほど、自分が何かに依存しているなんてことは夢にも思ってないんです。

だから「依存」を

  • 内面的なものか
  • 外的な状態のことか

というふうに区別しようとすることは難しいように思えます。

じゃあ「依存」ってなんなんだ?

……と、あらためて考えたとき、私の印象だけで一番しっくりくる言葉を選ぶなら

「甘ったれている」

という表現が一番近いと思います。

その、何かに甘ったれている心理、もしくは、本人が自覚していないにもかかわらず発生している現に甘ったれた状態のこと。

この両方が、

「依存」

と言えるのだと思います。

そして、もしそうであれば対義語は「自立」でいいわけですよね?

つまり、自立とは要するに

「甘ったれてないこと」

なのです。

それが物的なものであれ、金銭的なもの、経済的なものであれ、精神的、心理的なものであれ。

繰り返しますが、依存というものを「甘ったれ」だとすれば、たとえば単純な事実として

「親などから仕送りをもらっていること」
「就職して会社に属していること」
「顧客や取引先に支えられていること」

などが、単にその事実をもって即「依存」だとは言えないということになります。

依存は、別に「親」のせいでもなければ「会社」のせいでもないし「顧客や取引先」のせいでもないんです。

つまりそれは対象の種類によってではなく、その個別の対象に関係している自分が、

「甘ったれているかどうか」

が唯一の問題なわけです。

すると、もちろん自然界や、社会制度や、他者一般についても、当然にその必要性に従ってそれらを利用したり、互いに助け合ったりしている……この事実をもって「依存している」というのはおかしいということになります。

たとえば、前に出した例のように

「人間は、その命の維持を水や空気に依存している」

という言い方は(言葉の使い方としては)できるとしても、それは特定の人が水や空気というものに

「甘ったれている」

わけではありません。

何にしろ、それとの関係のしかたや使用のしかたが

「甘ったれているかどうか」

ということが基準となるのだと思います。

ただし、今度はこの

「依存=甘ったれていること」

がどんな場合でも常に悪いのか?

……という点も議論の余地があると思います。

すみません、ちょっと中途半端な話になってしまいましたが、ここで一回まとめときます。