自己啓発とは何をすることなのか一覧

NO IMAGE

人生の意味は変わる、だから自己啓発にはタイミングがある

人生の意味を問うとき、その人は自分が立っている場所を確かめたいか、そうでなければ場所を変えたいと思っています。場所というのは、言い換えると、ひとりの人間が人生の中でたどる「フェーズ(段階)」です。人はフェーズの移行を必要とするとき、主体的に事実上の「自己啓発」を求めるのです。

NO IMAGE

「自己啓発」と「スキルアップ」は同じ意味ですか?

社会一般のイメージとして言えば、自己啓発とはふつうは、社会人が実際の職場や担当している業務や、勤務というものから離れて、個人的に行ういわゆる「勉強」と同一視されているように感じます。かんたんに言えば、「社会人が勉強すること=自己啓発」という感じです。

NO IMAGE

自己啓発とは「シフトする」ということ

自己啓発というのは、個人レベルにおけるパラダイムシフトのことです。でも、そうすると定義の上で重要になるのは実は「シフト」の部分なのです。どんなパラダイムから、他のどんなパラダイムへとシフトしたのか、ということは定義上はあまり関係ないということになりますよね?

NO IMAGE

自己啓発の意味とは、自分にとっての意味

できることであれば……。自己啓発として何かしらの活動を始める前に、あるいは直接に自己啓発的な情報に触れる前に、まず「自己啓発」という言葉の混乱を避け、あなた自身にとっての自己啓発という言葉の意味するものを自分なりにはっきり定義しておくことをは有益です。

「自己啓発は気持ち悪い」という人の気持ちを考えてみる

自己啓発は気持ち悪いとか、怪しいとか、洗脳されるとか感じている人がたくさんいます。むしろ多くの人は「なんか胡散臭い」「なんか気持ち悪い」「生理的にダメ」……という印象を持っているのではないでしょうか? 特に、いわゆる自己啓発セミナーと呼ばれるようなものや、その受講者、参加者に対する世間の目は冷たいように感じます。