あなたはマインドセットの何を変えるのか一覧

NO IMAGE

夢や目標設定は成功の原因だが「最初の原因」ではない

成功するためには明確な「目標設定」が必要だと言われます。なので、多くの人が何はともあれ最初にまず「目標設定」しようとします。確かに、実際に成功した「成功者」は、自分の現在の状況を引き起こした原因として「最初にその動機が発生した場面」を思い出す、ということをします。

NO IMAGE

その成功イメージは、本当にあなたのもの?

成功とは、ある人の状態に付けられた「名前」にすぎません。それは自分で名付けていることもあるし、だれかが決めたものを信じているだけかもしれません。もしあなたの成功イメージが、漠然とした、空想的で、まさにイメージでしかないような抽象的なものだったとしたら、それはおそらく実現しようがありません。

NO IMAGE

私にとって成功とは?

成功とは何か、という話題で出てくるのはたいてい「成功とは、お金じゃない」ということです。「結局は、幸福に生きられるかどうかが問題」「人生の目的は競争に勝つことじゃない」「人として成長することが人生の目的だ」などと言われます。これらはすべて、お金とか、権力とか名声とか……そういうものを追いかけるべきではない、という意味です。

NO IMAGE

善行とは、だれでも今すぐできること(だけ)

私が考える本来の「善行」というのは別に観念的なものでも理念的なものでもなく、実行が困難なものでもありません。蜘蛛の糸のカンダタの例のように善行とはだれでも日常的にできることです。むしろ日常的に今すぐにでもできる範囲のことでしか、本来人間は善行と呼べるような行為をすることはできないのだと思います。

NO IMAGE

仮に私が絶対的な「善」を定義するとしたら

もちろん、善悪という概念の定義について、今ここで最終的な解答を示すことなど不可能ですが、以上の考えをもとに、私が仮に「絶対的な善」というのを定義するとしたら、それは、まさに蜘蛛の糸のお釈迦様がなさったような行為をイメージします。

NO IMAGE

蜘蛛の糸(芥川龍之介)の感想が変化する経緯

芥川龍之介の蜘蛛の糸という話の構造というか前提として、ふつうに考えるならばお釈迦様は絶対善であるというのは動かせませんよね? この話を読んで感想を言おうとすると、せっかくお釈迦様が救いの糸を垂らしてくれてるのに、それをムダにしてしまうカンダタのほうが圧倒的に悪という前提で考えるしかないです。

NO IMAGE

善悪とは何か? と考える前に考えること

私が今問題にしたいのは、何が善で、何が悪なのか……といったことよりも、「自分の思考や判断に常に善悪の観念を持ち込むという習慣」についてです。これって、しばしば自分の行動や、あるいはその前段階として具体的に何かを思考することを 「止めている」ことがあるんですよ。すなわち、メンタルブロックという……