お金について正直に話そう一覧

NO IMAGE

「お金教育は子供のうちからね?」「それじゃ逆効果です」

近年、子供の頃から正しい金銭感覚や、お金に関する正しい知識を身に付けておくべきだという考え方が強くなっています。お金についての教育の必要性については私も賛同します。確かに、一昔前までは、「お金の話に子供が首を突っ込むのは良くない」「子供がお金のことなんか気にするもんじゃない」といった……

NO IMAGE

お金を貯めるのは「増やす」ため

お金を貯める目的はただ2つ……。「使うため」「増やすため」です。私は、結局これ以外にお金を「貯める」目的はないと考えています。他の目的、たとえば「不慮のリスクに備えるための貯金」あるいは、「貯めることそのものが目的の貯金」というような考え方は(少なくとも現代社会では)正しい認識とは言えないのです。

NO IMAGE

お金を貯める秘訣は「目的」にある

お金というのは、そもそも「貯金するために」存在しているのではありません。……当たり前ですね? では、なぜ貯金するのですか? 貯金する目的は何ですか? はい。正解です。……もちろん「使うため」です。でもこれは、半分正解です。

NO IMAGE

あなたが貯金ができない根本的な理由

自分でいうのもアレですが……私自身が、典型的な「貯金できない」人間でした。というより、私の場合、別に「貯金しなきゃ」といつも意識していながら、日々の生活に追われてなかなかまとまった貯金が作れない……というように悩んでいたわけではなくて、むしろ「貯金なんて〇〇がやるもんだ、そんなこと、してられっか!」

NO IMAGE

お金持ちは、物事を常に「具体化」し「具現化」する

お金持ちになる人の思考の特徴として、お金持ちになる人はとにかく頭に思い浮かんだことをそのままにしておかないで「何らか形にしようとする」という点が大きいと思います。つまり物事を「具現化する力」です。これは金銭的なことや経済的なことに限らず、目標とか願望、あるは発想やアイディアといった……

NO IMAGE

お金持ちは、人生を「適度に」長期的な視点で見ている

俗に「貧乏暇なし」と言うように、お金に困っている人、お金に追われている人ほど気持ちの上で余裕がなく、また実際日常のさまざまな雑事に忙殺されて長期的な視点を持つ機会が少ないように感じます。一方で、お金持ちになる人は、常にある程度「長期的な視点」で物事を見る習慣が身に付いています。

NO IMAGE

お金持ちは、最善を尽くすのではなく最善を取る

一般的なイメージでは、経済的なことであれ何であれ、成功者というのはたいてい努力家で、常に自分を律し、理性的で、最善を尽くしてきたから成功したのだろう、というように想像されることが多いでしょう。しかし、私が思うにこれはまったく見当はずれとまでは言えないまでも、かなり大ざっぱな認識と言えます。