だれのためのスキルなのか一覧

NO IMAGE

なぜ「顔を売る」必要があるのか?

仕事の実力をつけるためには、実務能力の問題とは別に、いわゆる「顔を売る」ということが必要になってきます。と言っても、その戦略自体は多様に考えられますが、とにかく、そういう面での意図的な行動も必要になります。現代は経済も社会も高度化しているので、お客様は、最初は「人そのものの価値」をそれほど重視して……

NO IMAGE

「スキル」とは? 「デキル」と何が違う?

スキルとは、ふつうに言えば 「特定の目的に対応する能力」 のことを言います。 しかし、あるスキルを「スキル」という言葉で呼ぶのは、そこに何か特別な意味を含みたいからですよね? 私たちが強いて「スキル」という言葉を用いる時、その条件とは何でしょうか?

NO IMAGE

「仕事が終わらない原因を作っているのはだれだと思う?」

「仕事が終わらない」という悩みを抱える人はたくさんいます。決して、サボったりしているわけではないのに。すぐに良い対処法が見つかれば良いのですが、解決の糸口がなかなか見つからないことがあります。仕事が終わらないというのはあくまで結果として発生する事象で、その悩みにはたいてい他のいろいろな問題が絡み……

NO IMAGE

自分自身の業務改善方法……とりあえず他人のことは放っておいて

そもそも論ですが、あくまで自分の現状に対する問題意識を持って、自主的に「自分自身という個人レベルでの業務効率化」をしようと決めたならば、それを何のために行うのか、なぜしたいのかを明確に絞ることが先に必要です。それによってあなたの担当する業務(あるいは、自分のすべき仕事や生活態度全般)……

NO IMAGE

会社の業務効率化は、なぜいつも失敗に見えるのか?

業務効率化という言葉から私たちがイメージするものはなんでしょう? 「業務効率化」とか「改善提案」という話をすると、頭から否定的に受け取る人すらいます。効率化とか改善とか、言葉は聞こえがいいけど、結局は上司や経営陣から強制されるもの。現場を知らない人間が理屈で考えた改善なんて、失敗するに決まってる……

NO IMAGE

業務改善は「机上の計算」よりも「心理的負担の軽減」がポイント

よくある話ですが、業務効率を上げようと思って改善を試みた結果、以前よりもかえって仕事がはかどらなくなったり、協力や連携が取りにくくなったりする例は非常に多いと思います。これは、個人単位で考えてもそうですし、全体で見ても結果的に「改悪」だと思われる場合は少なくありません。

NO IMAGE

「ECRS(イクルス)」を個人レベルの改善にどう当てはめるか

ECRS(イクルス)とは、業務効率化のための代表的なフレームワークです。ところが、このフレームワークは多くの場合、会社全体とか、特定の部署全体の問題解決の手法として利用されることが圧倒的に多いです。たとえば自分自身の、要するに「個人レベルでの業務効率化」に限定してもこのフレームワーク自体はかなり有……