その思考法はどうなのか一覧

NO IMAGE

貪欲は悪。しかし極端な禁欲も悪である

もちろん、個人的な成功や自己実現を求めると言うことは、逆に言って「禁欲的である」とまでは言えません。明らかに禁欲的ではありません。だから、極端に禁欲的な志向や信仰などを持つ人から見れば、貪欲に見えるかもしれないし、悪という評価にもなり得ます。ただ、それは私には関係のないことであって、もし特定の欲求や欲望を完全に消滅しようと……

NO IMAGE

人が実現したい願望はふつうのことのほうが多い

あと、これは個人的なことですけど。よく考えてみれば、少なくとも私が今思っている成功というのは、それ自体が別にそれほど特別なことでもありません。自分の抱いている願望をよく見つめ直してみたんです。「これのどこが特別なんだ?」って感じです。

NO IMAGE

欲望を戒める倫理、教義

「成功や自己実現を望むことは、利己的で欲望的なのではないか?」私の中には、こんな疑問がずっと残っていました。たとえば仏教において「貪欲」とは三毒……

NO IMAGE

成功することは、ふつうのこと

ところで、私はもちろん今でも、もっと成功したいし、もっと自己実現したいし、より良い人生にしたいし、幸せになりたいというように願っています。そして、このこと自体が、ふつうのことだと思うことにしたんです。つまり、「成功する」というのは、必ずしも何か特別な、夢のような、あるいは1000人に1人しか到達できないような……

NO IMAGE

私にとって「ふつう」とは?

とにかく、書くのも恥ずかしいのですが、あえて正直にその時の私の内面を吐露します。私から見ると、「ふつうの人」というのは、常に利己的で、視野が狭い、思いやりがなく、仲間内で群れる……

NO IMAGE

ふつうであることの自由

しばしば、成功者は、ふつうの人とは価値観や思考がまったく違うと言います。だからこそ成功できたのだと。もし、大きな成功を収めたい、自己実現して幸せな成功者になりたいと思うなら、いわゆる常識とか、既成の価値観などに縛られない発想や行動が必要だと言います。