その思考法はどうなのか一覧

NO IMAGE

人生の岐路。進むべき道は常にメインストリーム

自分にとって重大だと思える時ほど、人はふだんの前提を忘れて「特別な選択」をしようと考えて迷い始めるものです。もちろん、常にリスクが低いほう 常に常識的なほう というような単純な基準で進むべき道を決定するわけにはいきません。

NO IMAGE

不安な時はだれにでもある……対処法はあるか?

「この方法で本当に良いのか?」「もしかすると、ムダな努力をしているのではないだろうか?」「もっと効率の良い、効果の高い方法があるのではないか?」「私は、大事なことを知らないまま続けているのではないか?」……時々、こんな不安が頭をよぎることがありますよね?

NO IMAGE

考える力を付けるには?

考える力を付ける、というと多くの人はすぐに「思考法」のことだと考えると思います。もちろん、具体的な思考の方法論というのも大切であることは間違いないのですが、実は多くの人が見落としがちなのはむしろ、ものを考える前提となる準備です。

NO IMAGE

無為自然とは?

実は、私は一方では「無為自然」という言葉が好きでした。……っていうか今も好きですけど。無為自然って、一般的な意味としては、「作為がなく、ありのままであること」ですよね?

NO IMAGE

貧しき者は幸いである……の意味を間違えていました

「貧しき者は幸いである」私はずっと、この言葉の意味を「貧しい暮らしをしている、貧乏な人のほうが、実は幸せなんだよ」……というような意味だと思っていました。そして、一方ではたとえば自分が「経済的な成功」や「個人としての自己実現」といったものに強い期待や憧れを抱いていながら……

NO IMAGE

人が実現したい願望はふつうのことのほうが多い

あと、これは個人的なことですけど。よく考えてみれば、少なくとも私が今思っている成功というのは、それ自体が別にそれほど特別なことでもありません。自分の抱いている願望をよく見つめ直してみたんです。「これのどこが特別なんだ?」って感じです。