「将来の夢」なんて作文を子供に書かせたくはない

私は小学校くらいの頃には国語は好きでしたし、自分で得意教科だと思っていました。

でも、特に困ったことが2回あったのを記憶しています。

それは作文です。

ふつうはほとんどスラスラと書けるんですが、私が困ってしまったテーマのひとつは

「私の長所」

という作文を書くときでした。そして、もうひとつ、私が最も困ったのは

「私の夢」

という作文です。

関連記事:夢や目標は本当に必要か? 【カテゴリー:自己啓発】

「夢などない」とは書けなかった

「私の長所」

については何を書いたかもう忘れてしまいました。

しかし、後者は今でもよく覚えています。

恥ずかしすぎてここには書きませんが(笑)

が、私は子供心に、初めて意識的に「ウソ」を書きました。

創作といってもいいです。

「私の夢」

あなたも子供の頃、こんな作文を書かされた覚えがあるかもしれません。

そして正直困ったのではありませんか?

おそらく、それほど迷わずに書けた子はごくわずかでしょう。

だって私も含めて多くの子供たちは、ただその日その日を精一杯生きているだけで、将来の夢どころか、明日のことさえほとんど考えていないんですから。

「私の夢」を書けと言われた子供たちは、ごく自然に、今まで自分が経験したことの中から、比較的記憶に残っているものを思い出してみるでしょう。

その結果、たとえば、週末に少年野球のチーム練習に参加した子は野球選手になりたいと書くことになります。

あるいは、母親がいつも買い物の時、花屋さんの前で立ち話するのを見ている子は、お花屋さんになりたいと書くのです。

テレビばかり見ている子は芸能人になりたいと書き、ゲームばかりしている子はゲームソフト会社に入ってクリエイターになりたいなどと書きます。

いずれにしろそれは思い付きにすぎません。他に何も思い浮かばなかったのです。

それは、作文のための、書くために絞り出した夢です。

あるいは、幼い頃からたびたび

「○○ちゃんは、大人になったら何になりたい?」

と聞かれたことがあったでしょう。

「お前はこういう仕事が向いてるんじゃないか?」

などと、周囲の大人たちに言われたこともあるでしょう。

そのような時に一度使ったネタを再利用して、作文を書くこともできます。

何割かの子供は、おそらく他人から聞かれたり、作文に書くために使う

「私の夢」

をすでに持っています。

いずれにしろ、それはその子にとって本当に夢なのではありません。

たぶん、多くの子供たちの本心はこうです。

「私には夢などない」

もちろん、開き直ってこれをそのまま書ける子はなかなかいないでしょう。

夢を聞かれた時のために、答えを用意する

もちろん、多くの子供たちは、次の日になれば、昨日書いた作文のことなんてすっかり忘れてしまいます。

しかし、どちらにしろ、それから先も私たちは常に

「夢を描きなさい」
「目標を持ちなさい」

と言われ続けることになります。

周囲の身近な大人から。

メディアから。

漫画や、映画や、本から。

ですから、あたかもそれが正しいことだと、それが自然なことだと思うようになります。

だれもが、半ば仕方なくそれを探すようになります。

必要に迫られて。

また、成功法とか自己啓発といった話が好きな人なら、成功するために最初にすることは

「ビジョンを明確に思い描くこと」
「ゴールを決めること」
「夢を叶えている自分の姿をイメージすること」

と言われているのを知っているでしょう。

これは、子供の頃から聞かされてきた情報と整合性があります。

なので一見もっともな主張に見えるはずです。

何を始めるにせよ、最初にある特定の事柄を自分の成功の姿として選び取らなければならないと考えるのです。

そしてそれを無理にでも絶対視して、それと相反する欲求を排除すべきものと考えます。

関連記事
 【夢や目標は本当に必要か?】
 (1)「将来の夢」なんて作文を子供に書かせたくはない
 (2)目標は思考を規定する
 (3)目標設定は、だれのため?
 カテゴリー:自己啓発