「自己啓発」と「スキルアップ」は同じ意味ですか?

社会一般のイメージとして言えば、自己啓発とはふつうは、社会人が実際の職場や担当している業務や、勤務というものから離れて、個人的に行ういわゆる

「勉強」

と同一視されているように感じます。

そこにパラダイムシフトはあるか?

実際多くの人が「社会人が勉強すること=自己啓発」というように漠然とイメージしています。

たとえば何らかの資格を取ることや、スクールとかセミナーといったものに参加することや、あるいはその手の本を読んだり情報を調べたりすること……これらがそのまま「自己啓発」と呼ばれています。

だとすると、これって

「自己学習」

と同じ意味だということですよね?

あるいは

「スキルアップ」

と同じですよね?

つまり社会人、あるいはビジネスパーソンとしての自分のクオリティを上げること、価値を高めること。ごく一般的には、それを自己啓発と呼んでいるのです。

ふつう、スキルアップという場合に、代表的なものは

  • 基本的なリテラシー
  • 専門的能力、スキル
  • 社内の地位、社会的ステータス
  • 対人能力、コミュニケーションスキル

などが想起されます。

でも、それらを高めることが、啓発という言葉の本来の含意である

「より高い段階へ」
「視点や認識をより高い次元へ」

ということにどう結び付くのでしょうか?

少しずれているように感じないですか?

だって、ビジネス上の自分の価値を高めるっていうことは、今やっているビジネスについてのことであって、単に今やっている仕事に活かせるとか、仕事がもっとスムーズに回るとか、スピードが上がるとか、あるいは社内での評価が上がるかもしれないとか……そういうことになるわけですよね?

ふつうは。

別に視点や認識の次元が上昇することと直接的にはあまり関係ないですよね?

もちろん、それを自己啓発と呼んじゃいけないとは言いませんが、そこには

「パラダイムシフト」

と呼べるような上昇、あるいは転換は特に含まれていないように思えます。

関連記事:自己啓発とは、自分にとっての意味

何が「啓発」なのか

ただし……それだけを考えればそうですが、少し引いてみると次のように考えることもできます。

たとえば

「単に仕事上のスキルアップのため」

という目的意識が最初から固定されているという前提で考えるから何のシフトも起こっていないように感じるのであって……。

今までそんなことしようと思ったことさえなかったのに、ある時点から急に、勤務時間以外のプライベートな時間を割いてまで何かを学習し始めるとしたら、本人の意識の中ではその動機となりうる何らかの

「認識の変化」
「発想の推移」

つまり、パラダイムシフトが存在しているとも考えられます。

仮に、

「単に自分に与えられた仕事をこなして給料もらえればいい」

と思っていた人が、ある時点から

「スキルアップしなければ」

という考え方に変わったという、その点を考えればそこには何かしらの気付きや、動機付けがあったはずです。

これは人生の各段階で起こります。

たとえば、今までは単に今やっている業務上のスキルアップを目的にしていた人が、ある時から自分自身のライフプラン全体を視野に入れて何かを始めようと思い始めたときとか。

それは目的そのものが変化しています。そして本人の視点も今までとは変わっているのです。

あるいは、こういう話もよくあります。

すでに経済的な成功を収めた有名な資産家がいるとします。

その人は、今までは富を増やすことや、自分の事業を拡大することに専念してきたとします。

会えばいつもそんな話ばかりしているとします。

その人が、ある時期から急にボランティア団体に出資したり、寄付のための財団を作ったり、次世代育成のための事業に乗り出したりするんです。

これも、何かの要因によってその人の内面にパラダイムシフトが起こった結果だともいることができます。

今学習している内容や、身に付けようとするスキルの内容のことではなく、それに至るプロセスを俯瞰するとそこにはある種のパーソナルなパラダイムシフトが起こっているのが見て取れるわけです。

啓発というのは単に何かについて勉強したり、何かを習得したりするという範囲のことではないものが含まれています。

それは主観としては成長とか上昇あるいは進歩といったイメージを持つ何かです。