自立とは何か? その前に、依存とは何か?

私は長い間、

「自立型人間」

にならなければならないと考えてきました。

それはもちろん成功するために……。

さらには、成功することのみならず、人間として、大人として、男として……というふうに、むしろ自立することは生きる上で人に課せられた義務みたいなものと信じ込んでいたような気がします。

自立型の思考は成功の条件か?

成功するには「自立型思考」が必須の前提だという言い方はよく聞きます。

成功したいのならば、まず主体的であること。

他人や組織の力に頼らずに生きていくだけの覚悟と能力を持たなければならない……。

裏を返せば、とにかく自分の中にある依存的な考え、依存体質を捨てることだ、何かに依存している自分の思考や価値観を改めなければならない、という話になります。

これはしばしば指摘されることなので、同じように考えている人も多いと思います。ですが……一方で、

「そもそも自立ってどういうこと?」

と聞かれると意外にあいまいで、あらためて考えてみると明確に答えられないことに気が付きます。

一般に「自立」はどういう意味と思われているか

ふつうに考えて、自立は「依存」の反対語です。

だから、

「自立型の人間にならなくては」

ということは、自分の中にある依存的な傾向、依存的な価値観を発見して、それを排除しなければならないと考えますよね?

すると、まずだれでもそうだと思いますが、一番先に思い当たるのは家族、特に親からの自立ということです。

当然ですが、多くの人が自立という言葉を意識し始めた頃、これを真っ先に想起するでしょう。

このような身近な人たちに様々な面で依存している自分に気が付いて、それらと距離を取ろうとしたり、これ以上なるべく援助を受けないようにしなければならないと考えます。

要するに、

「まず、実家を出て、一人暮らしを始める」
「親などから生活費などの援助を受けない」
「日常的な面で、なるべく支援や干渉を受けない」
「気持ちの上で、頼らないように強くなる」

といったことを目指すわけです。

世間一般にも「自立」という言葉が使われるのは、実質的にこういう意味であることが多いですよね?

もちろん、ある程度の年齢になれば多くの人が上に書いた意味ではすでに「自立」していると思います。

つまり就職して、実家を離れ、自分で収入を得て生活しているわけで、その時点で世間一般で言われる意味では自立していると見做されるわけです。

自立=独立?

でも、考えてみるとそれは即

「依存的な傾向」
「依存的な価値観」

がなくなったという意味ではないですよね?

そこで、次に自分が依存しているものを考え始めるわけです。

そうなると当然、会社などの組織、あるいはそこに所属したり、関係したりする多くの人々に依存しているということに気が付きます。

そのような情報も今はたくさん目にする機会があるので、だれでも一度くらいは考えたことがあるのではないでしょうか?

ただ、そこから現実的に自立しようと考えると、たとえば起業しようとか、経済的に自由にならなければ……といった考えに傾くはずです。

私は、これは思考の流れとしてはきわめて順当だと感じます。要するに、おそらく素直に率直に理屈で考えると「自立=独立」という結論にならざるを得ないのです。

実際にするかどうかは別として、少なくとも理念的には

成功するということは、つまり起業・独立するということなのだ!

おそらく多くの人がそう考えていると思います。

自立=自力?

ところが人によっては……もう少し突き詰めて考えようとするとですね。

たとえ起業してうまく行ったと仮定しても、それはやはり顧客とか取引先とかに依存しているじゃないかと考え始めるのです。

それに、直接的には関わらなくても地域の人々や社会制度、国とか行政とかに依存していることに変わりはないですよね?

……って、こうなると、仮にこれらのものからも完全に自立するとなると、たとえば山奥か無人島にでも一人で行って、完全に自給自足の生活をするとかいう話になってしまいます。

しかし、です。

そもそも、たとえ一切の社会的、経済的、人的な関係を仮にすべて断ち切ったとしてもですよ?

自然界から自立することなど不可能です。

食料に水に空気に依存しています。

物質に、植物に、他の生物に依存しています。

そもそも自分の肉体に、脳に、自分の思考や感情に依存しています。

……悟りでも開く?

でも、仮に悟りを開けたとしても、その瞬間まではすでに依存していたという事実は取り消せないですよね?

その悟りを開くに至るまでの時間に依存してますよね?

悟りを開けたのは、それまで何かがあなたの生命を支えてくれたからですよね?

このように、すべてのものを依存の対象としてとらえようとすれば、結局、自立なんて幻想に過ぎない。独りよがりな、傲慢な考えだ……現実的には、自立した生き方などというものはそもそも想定できない、ということになる。

……実は、以前は私もそのように考えていました。

自立=理想?

幻想というのが良くないなら「理想」と言い換えても良いです。

ふつう人間には、常に自立願望と依存願望が共存しています。

そもそも人間は生まれてから成長する過程で必ず依存状態を経験しなければなりません。

ふつうの意味で言えば、人生のスタートはまさに完全な依存状態です。

そこから自立に向かって人生を歩んでゆくとイメージすると……まさに自立こそ人生の究極の理想みたいなイメージになります。

そして、結局、現実的には絶対に「完全な自立」には辿り着くことがありません。

それは、だれでもが到達できるような境地ではないのです。この考え方を採るならば自立というのはあくまで究極の理想であって、ほとんど神話みたいなものという結論にならざるを得ないのです。