「抽象度の高い思考って何?」「まずこれやれ」

抽象的思考の重要性について(一方ではその弊害について)は、昨今よく取り上げられます。

「抽象度の高い思考」ってどういうことでしょうか?

いろいろ具体的な「抽象度を上げるトレーニング方法」の解説があると思いますけど、例えばこういうのはどうでしょう?

物事を階層的に考えるテクニック

「抽象的な思考」

あるいは、しばしば

「抽象度が高い」

という言い方をすることがありますよね?

これって、すでに体感的に理解している人にとっては別段気にならない表現ですが、慣れていない人にはまったくピンと来ない表現ですよね?

「まず抽象ってなんだよ!」

って言いたいですよね?

抽象とは?

抽象とは、

「事物または表象からある要素・側面・性質をぬきだして把握すること」

です。

ピンと来ないですね?

まず、上で言っている「ぬきだして」というのは、簡単に言うと、

「細かいところは気にしない」

という意味です。

これを難しく言うと、

「捨象」

と言います。

だから、抽象っていうのは、分かりやすく言うと、細かいところをどんどん捨てていった結果、それでも残るものという意味なんです。

「抽象度が高い」

というのは、捨象している部分がより多い=個別の細かいことをどんどん削っていった結果として、それでも最後まで残っているものほど「抽象度が高い」ということになります。

抽象的思考の前提は、「階層的思考」

これ、あんまり本とかに書いてないコツなんですけど。

抽象的思考というのは、物事を「階層的に」見ないと訳わかんないです

あえて分かりやすく捨象して言いますけど、要するに、抽象的思考とは、階層的思考のことなんですよ。

階層構造とは?

階層関係についてよーく考えれば、抽象的な思考というのはどういうことなのか体得できるようになります。

ところが、この「階層的思考」というのが、また少し厄介なもので、また分かりやすい解説がなかなか見つからないんですよね。

ということで、私は勝手に解説してみます。

よく、こういうの聞いたことがありますよね?

「私→ 哺乳類 →動物 →生物」

っていうヤツです。

このような概念の関係を表すときには、それを「階層的」と、まあそう言うわけです。

ところが、これは別の言い方をすると、昔に数学で習った「集合」とか「包含関係」というヤツと同じです。

つまり、たいていの場合、こういうものを表そうとするときには、包含関係として書いても、階層的に書いても、まあ同じことです。

だから一般的には階層関係(階層構造)というのは形としては包含関係と同じことを表しているようにも思えます。

あるいは、あなたがすでに社会人だとしたら、会社の組織図って見たことありますよね?

それはたいてい、ツリー図で表されています。

ツリー図というのは、一般に階層構造を表すのに適した図と言われています。

だからこれは階層構造とも言えますが、実はそこに所属する人を要素として見るならこれをMECE的な包含関係として表すことも可能です。

あなたの会社、という「集合」の中で、あなたは絶対にどこかのグループ(部とか課とか)に属しているはずです。

あなたは、たぶん「〇〇部」に属しているし、同時にその下部組織である「〇〇課」にも属しているし、その下の「〇〇係」で、同時に「〇〇担当」かもしれません。

というふうに、あなたはどこかに属します。

ある集合が別の集合を完全に含む関係を表すときに、

「含まれる」

というのは

「階層をなしている」

というのと同じことのように見えます。っていうか、ある意味同じ事です。

だから、ふつうは「包含関係」と「階層関係」は、意味的に同じだと考えてしまいます。

包含関係と階層関係の違い

ただ、実は包含関係と階層関係は、意味的に大きな違いがあります。

ここにピンと来るかどうかが、抽象的思考が得意な人と、苦手な人の決定的な「差」なのです。

端的に言えば、その違いというのは、扱っている内容を

「実体と見ているか、概念と見ているか」

という違いです。

包含関係というのは、中に含まれているそれぞれの「要素」が実体として明確である場合に、それを分類し、整理して把握したいときに適しています。要するに、それは「集合」なのです。

たとえば、所得層とか社会的な階級などを表したピラミッド型の図は、一般的に言えば「階層図」と呼ばれますが、これは、よくみるとMECE的な包含図と見ることもできます。

どちらかというと、そのような図は「実体としての各世帯」を所得や資産といった基準で分類した図に過ぎないので、ふつうに考えれば実際は「集合」的なものです。

一般的には「階層」と呼ばれているとしても実際は「集合」です

この言葉の使い方が混乱を招きやすいので注意してください。

一方で、たとえば前に書いた記事の例ですが、自分の関心事や目的意識などを「概念として整理する場合」に、

って書いてみたらどうなんでしょう。

これって、いわば非常に主観的な、単なる概念の関係性を抽象的に整理したものであって、

「自分の中では包含関係のように認識している」

けれども、そんなの、個人によってぜんぜん変わってきますよね?

それは、つまり実体じゃなくて概念を扱っているからです。

たとえば「英会話を習うこと」はこの中ではどこに属するのですか?

……というように、厳密にいえばこのような図に個別の要素を配置することは本当はできません。

「英語で会話できること」

は、仕事上のスキルかもしれないけれども、本当はそれによって成功に近付くかもしれないし、あなた自身の労働観や思考パターンや、時にはメンタルや人生観を大きく変えるきっかけになるかもしれませんから。

だからこの図はもちろんMECE的に完結などしていないし、そもそも、この図をもって具体的な要素をすべて分類することができるでしょうか?

あえてここに何か具体的な要素を想定しようとすると、多くの場合それは各階層に同時に、あるいはすべての階層にまたがって属することになってしまいます。

でも、これはある意味、あなたという個人が〇部に属していて、同時に株式会社〇〇の社員であるというのと似ていますよね?

でも、それは今、あなたがあなた自身を自明の実体と信じているから、当然に同時にすべての階層に「実体として」属している、と当然のように思えるのであって……。

日常の会社での仕事の場面を思い出してください。実体としてのあなたは、例えば日常の業務をしているときには〇〇担当としての責任を果たしているに過ぎず、その上位の〇〇部全体のことなんか

「知ったこっちゃねえよ!」

と思っているかもしれませんし。

他の部署ならなおのこと、

「関係ねえ」

って、ね。

でも、いざという場面になると、今度は急に

「私は、株式会社〇〇の一員として」

なんてことを口走ることもあったりするわけです。

階層的思考に慣れよう

ざっくり分けると階層図というのは抽象的な概念を自分なりに整理したり、体系的に把握しようとしたりする場合に意味があるもので、具体的な要素はいわば後付けです。

それに対して、包含関係というのは先にたくさんの具体的な要素がすでに見えていて、それが散らばっているのを、うまく分類し、整理したいというような時に意味があるものなのです。

抽象的な思考とか、抽象度の高い概念といった言い方がピンとくるようになる近道は、このような「包含関係」と「階層構造」の関係についてピンとくるようになることです。