「一人で生きること」を選ぶなら、必要なのは他人と関わる覚悟

一人で生きるということは、むしろ、自分自身が世界の中にあって、その立ち位置を、あるいは役割を明確にするということです。

一人で生きるということは、自然に与えられた枠組みではなく、自分自身が主体的に選び取った新たな枠組みを信頼して生きるということです。

むしろ、それは自ら求めて多数の人に関わっていくということなのです。

一人で生きる強さとは、他人と関わる強さ

もし、あなたが他人との付き合いが苦手だったり、心底に、人間一般というものに対する恐怖心や嫌悪感のような否定的なものがある場合……あなたはむしろ、一人で生きるという生き方を選ぶことで非常に高いリスクを取っていることになります。

もしそうなら、配偶者とか家族というような、もっと特定の、規定された、限定された人間に直接依存する方法を探したほうがむしろ安全なのです。

そういう人こそ、分かりやすい、そしてその内部で自分自身が身動きがとれるくらいの余裕があり、ある意味気楽でいられるような枠組みを利用するべきなのです。

一人で生きると宣言することは、本人にとっては一種の「挑戦」になります。

言い方は悪いですが、人と関わることを避けてしまう人や、他人への関心が希薄な人は、むしろ分かりやすいものに依存しておいたほうが良いということです。

一人で生きられるわけがない

自分というもの、あるいは自分の人生というものを、自分ひとりの頭の中だけで自己完結しようとするのは間違いです。

本当は、自分を含めた社会、あるいは地域や国でもいいですし、世界、宇宙と言ってもいいですが……その全体が調和して全体として完結しているというのが真実であり、それが本来でしょう?

全体として調和しているということと、その中にいる個人が自己完結しているということは同じではありません。

そういったことを全部自分の思考、自分の判断、あるいは自分の能力や、努力や意志などで完結させようと考えると、それはそもそもおかしなことですから最終的には自分を苦しめることになるでしょう。

絶対に何かが不足するからです。

つまりそれは、自分が神様になると言っているのと同じです。

無理なんです。

そして、そのような思想を持っている限り、あなたは世界の中で、社会の中で自分の役割や、存在意義を見出すことができません。

だれにも頼れない。だれにも頼らない。

自分だけを恃みに生きなければ。

そう感じている限り、あなたは実際には何者にもなれないのです。

そして、いつまでたっても安心することができません。

一人で生きるとは、そういう意味ではないのです。

本当はみんなそう

で、実は、ここまで

「一人で生きる」

という前提で話してみましたが、実際には、究極的なことを言えば、これは家族があろうとなかろうと、一人で生きているつもりであろうが、みんなで生きているつもりであろうが結局は同じことだということになります。

ただ、家族に依存できる人は、世界そのものを直接相手にする、という視点がなくても、とりあえず家族なら家族という範囲内で自分の役割や目の前の物事に対処しているだけでも、その家族という単位を通して結局は外部の世界全体に対処しているのと同じなのであって、本当は単に

「その視点を持つかどうか」
「そういう気持ちを持っているかどうか」

というだけの違いにすぎません。

とはいえ、やはり

「一人で生きる」

という観点を当事者として考えた経験がある人のほうが、そういう思索に対して敏感だし、それこそ、自分の心や精神といったものを守ってくれるものがないような気がしますからね、より深刻に考えざるを得ないですよね?

逆に言うと、より真摯に人生に向き合ったりする機会も増えることになりますよね。

一人で生きるということは、一人で生きないということです。

一人で生きるということは、殻に閉じこもらない生き方です。

でも、人間はうっかりすると、思考の中だけであればそれがかんたんに実現し得ると感じてしまうんです。

現実は、決して一人で自己完結することはありません。