自己啓発セミナーの料金は高ければ高いほど良い?

自己啓発本もそうですが、市販本に限らず著名なメンターやセラピスト、カウンセラーなどと呼ばれる人の本や音声、DVDなどがたくさん出版されています。

講演会とかセミナー、あるいは個別のカウンセリングなどもけっこうな額で開催されているようです。

自己啓発する人はお客さん

何となく、占い師さんとか、霊感商法とかとイメージが重なっちゃってるというのも否めませんが……とにかく、興味のない人から見ると、自己啓発というのも、やはり形のある商品を売ってるわけじゃないので、どうしても客から金を奪い取ってるように見えてしまうところがありますよね?

ノウハウコレクターとかよく言うじゃないですか。でも、それって主催者側から見ると一番いいお客さんですよね? 常連客です。上客です。

だから、もしかして、わざとそうなるように教えてるんじゃないの? ……って少し訝りたくもなりますよね?

あと、しつこい勧誘などに悩まされる場合もあり得ます。

一度関わると色々面倒なことになりそう……っていうイメージはありますよね?

多くのセミナーで、受講生にセミナーのプログラムの一環として知人などを勧誘するように仕向けるという話も聞いたことがあります。やってる本人はそう思っていなくても、見ているほうは何となく集客の道具に使われてるみたいで、あまりいい印象を持ちません。

あるいは、騙されたとは言わなくても、たとえば、提供される内容に対して、あまりにも高額過ぎるのではないかと感じることもあります。

何を求めているかにも依りますが、たとえば、自分が市販の自己啓発本を買って読むだけであれば、その有効性はともかく費用としてはそれほど大騒ぎするようなほどではないでしょう。

まあ、他の本を買っても同じですからね。

教材や参加費が高額過ぎる

しかし、特別な商材や自己啓発セミナーとなると、ムダになったと言って諦められるような金額ではない場合も少なくありません。

多くの場合、そういった商材やサービスを求める人は、大きな期待や思い入れを持って契約することでしょう。

「自分を変えたい」
「人生を劇的に変えたい」

といった強い願望があって、それが実際にできると信じて購入するわけでしょう。それだけに、けっこうな高額のものでも思い切って購入するのです。

それが最終的にまったく効果がなかったということになれば、そのダメージは計り知れません。気持ち的にも。

そして、たいていは文句を言っても払ったお金は戻ってきません。

少なくとも、本人の意思で、自分がそれによって何を得たいのか?
何を価値と考えてそれを求めるのか?

冷静によく考えたうえで決断するのが良いでしょう。

しかし、けっこう大きな企業でも、自己啓発的なものに補助手当を出したり、社内に人を招いて研修をやったりするのは珍しくないようです。たぶん費用は相当なものでしょうね。

それでもやるんだから、それなりの効果があるということなんでしょうね?

それはもちろん仕事に直結する内容のもののほうが多いでしょうが、中には、けっこう精神論的なものや、いわゆる修行みたいな、自分の限界を超えろー! みたいな手法を使うものも過去にはありましたよね?

最近は稀かもしれませんが、どうなんでしょうね?

料金=価値、という信仰

セミナーでも何でもそうですが、ひとつ言えることは、ごく常識的な考え方をする人ほど、

「価格や料金が高い=それだけの価値がある」

という、ほとんど信仰とも言える感覚を持ち続けているということです。

これは、理論的には正しいようにも見えますが、正直言って、今の時代になったら、これはもはや「古き良き信仰」と言わざるを得ません。

現代、モノの値段の決め方のルール自体が大きく変わっているように感じませんか?

あるいは、価値の基準そのものが大きく揺れ動いています。あるいは……価値という言葉が表すものの中身、内容そのものがあいまいになってきているのです。

でも、人間は素朴な心理としては、値段が張るものほど価値が高いだろう。料金がそれなりに高いのは、きちんと効果がある証拠だ……というふうに判断してしまいがちです。

料金を決めている側は、もちろんそれを知っていて、自分が好きなように料金を決定できる立場にあります。ですから、値段や料金以外の部分で、以下に判断するかという自分なりの基準や肌感覚を持つ必要はあるでしょう。