自己啓発の意味とは、自分にとっての意味

自己啓発として何かしらの活動を始める前に、あるいは直接に自己啓発的な情報に触れる前に、まず

「自己啓発」

という言葉の混乱を避け、あなた自身にとって自己啓発という言葉が意味するものを自分なりにはっきり定義しておくことをは有益です。

これは強い問題意識や願望を強く意識している人ほど必要になります。

あなたにとっての自己啓発、が大切です

ふだんはあまり考えませんが、

「自己啓発とは何か?」

つまり、自己啓発という語が

「自分にとって」

何を意味するかということをじっくり考えてみましょう。

こう、あらためて問われると意外に困るものです。

前に書いたように、自己啓発と名の付くさまざまなものの中には、確かに少し危うい部分も含まれることは確かなんです。

かといって、自己啓発と名の付くものは全部嫌! 全部ダメ!

……というのも変な話ですよね?

私にとって、自己啓発とは?

「あなたにとって自己啓発とは?」

その意味が曖昧なままだと羅針盤のないまま船をこぎ出すようなものです。

ですから、私にとって「自己啓発」というのは……というのを書こうと思います。

ここでは、一般的な説明に加えて私の視点も含めますが、結局は「あなたにとっての」というのが大切です。必ずしもまったく同じようにイメージする必要はないかもしれませんが、いずれにしろ自己啓発の意味を意識的に明確に固めていただく材料になれば嬉しく思います。

一般的な自己啓発の定義

まず、ごく一般的な意味では自己啓発という言葉は

「自己学習」
「スキルアップ」

という場合とほぼ同じ意味で使われていますよね?

特に社内研修の一環として紹介されるような場合には、もちろん仕事に直結する内容が重視されることになります。まるで、学校に「部活」が存在するのと同じ感覚で、会社には「自己啓発活動」がある、といった感じかもしれません。

あるいは、自己啓発本コーナーにあるような本を手に取るのも、その動機の多くは「問題解決」か、または「スキルアップ」が動機である場合がほとんどかもしれません。

しかし、Wikipediaによれば自己啓発とは

「自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為」

となっています。

「高い段階」って何ですか?

とにかく、若干、ニュアンスが違いますね?

啓発とは?

今ひとつしっくりこないので、じゃあまず「啓発」とはなんだと思って調べてみると、辞書には

「無知の人を教え導き、その目をひらいて、物事を明らかにさせること」

とありました。

ほほう……。

これは論語にある

「憤せざればせず、悱せざればせず」

という句から取った熟語ということです。

この句の意味は要するに

「意欲や情熱があり、自分で考え抜くことのないような人には、教えてあげないよ」

というような意味ですよね?

この意を汲むとすれば、啓発という言葉は単に何かを詳しく教えること、つまり

「ノウハウ」

を与えるということよりも、どちらかというと一気に視野が開けるような意味での

「気付き」

を与える、というような含意があるような印象を受けます。

自己啓発の「自己」とは言うまでもなく自分ですが、さっきの論語の意を汲むなら

「自分の意思で」
「自ら主体性をもって」

と表現するのが良いかもしれません。

以上のようなことを含めれば、Wikipediaにある自己啓発の定義

「自己を人間としてより高い段階へ上昇させようとする行為」

にも合致してくるわけですね。

私の感覚で少し言葉を加えるなら、啓発とは、視点や認識や考え方の

「次元を上昇させようとする行為」

と表現できます。

または、もっと現代風に言うなら、

「個人レベルにおけるパラダイムシフトのこと」

という表現が良いかもしれません。

パラダイムシフトとは、端的に言うと

「発想の転換」

のようなことです。今まで当然と思っていた考え方とか価値観が、まるで革命でも起こったかのように劇的に変わることを意味します。

ふつうパラダイムという言葉は、特定の業界内にある既存の観念とか、あるいはその時代の社会通念といった、そういう全体に流れているものについて使うんですが、それを一個人の内面にある発想や視点、考え方に当てはめて表現すると、そうなります。

ですから、私にとって自己啓発というのは

「自分の意志で、自己の内面にパラダイムシフトを起こすこと」

です。

私はこのようにイメージしています。