メンタルブロックを外す前に

ここではメンタルブロックの外しかたは書きません。

それより、私自身もメンタルブロックという言葉を何気なく使ってきたのですが、今あらためてメンタルブロックというものを理解しようと思っていろんなサイトを見てたんですけど……しっくりこないんです。

忍336



意外にあいまいなメンタルブロックの定義

もちろん、それぞれに

「メンタルブロックとは?」
「そして、解除する方法は?」

とはっきり紹介されているのです。情報はけっこう多くあります。

そして、それぞれに説明としてはだいたい共通している部分が多いです。

でもやはり、

「メンタルブロックとは、こういうものだ」

というのがはっきり理解できないのです。私には。

そもそも最初にメンタルブロックという概念を提唱したのはだれなんでしょうか?

「心理学で」

と説明されていることが多いので、おそらく心理学の分野ですでに確立している語なのかとも思ってみましたが、それを学術的に説明しているサイトや本は、探した限りでは見当たりませんでした。

だれか知ってたら教えてください。

その代わり、いわゆるスピリチャル系の説明が多いですね。各自がそれぞれ独自の世界観を背景にメンタルブロックの外しかたを解説しており、セラピーやカウンセリングを受け付けているものもけっこうあります。

定義らしきものとしては、デジタル大辞泉には、

何か行動を起こそうとするときに思い浮かぶ、「できるわけがない」「失敗する」「こうしなければならない」といった否定的な思い込みや固定観念

……という説明がありました。

まあ、そうですよね。

ふつうに言葉で言うと、やっぱり

「固定観念」

という言葉が一番しっくりくる気がしますよね。

メンタルブロックの内容

定義にもありますが、

「何か行動を起こそうとするとき」

というのですから、先にまず特定の行動の目的が意識されるということになります。

おおよそ分類すると、まずはいわゆる

「人生相談系」

のものが多く見られます。

主に身内との関係について、親子関係や配偶者など。

中でも、恋愛に特化した説明がけっこう多いです。

もうひとつは、内容としては上と関連性があり、同時に扱われることも多いのですが、

「自分自身についての問題解消」

に焦点が当てられているものがあります。

自己の解放とかトラウマの解消、あるいは不安や対人恐怖といった内面的な、あるいは性格的な欠点を修正する目的で、メンタルブロックという概念を用いるものです。

最後にもうひとつ大きな分野は

「お金」

に関するものになるでしょう。お金を稼ぐことへの罪悪感を取り払う必要があるとか、あなたが「金持ちになれない理由」がメンタルブロックにあるといったものです。

本当にお金持ちになれると思われる「考え方」4つ

もちろん、人が抱える悩みや問題はそれぞれなので、単純に分類することにあまり意味はありませんが、もし特定のカウンセリングやセラピーなどを受けると考えた場合、私ならばそもそも何を目的とするかという部分にこだわると思います

最初から「お金」なら「お金」、「恋愛」なら「恋愛」というように、目的がはっきりしていて、それに関するメンタルブロックを解除しますよ……と最初から明示してくれるものは、比較的良心的とであると思います。

しかし、それでもやはり、実際に聞いてみると

「表面的な問題ではなく、潜在意識の深いところで別の問題を抱えている」

といった言い方をしたり、または

「現象としてはいろいろ意識されるが、根本はひとつ」

といった説明をする場合があります。

私の感覚では、仮にその説明が本当だとしても、それがそれこそ「今自分が意識しているその現象、その表面的な問題をどうやって解決してくれるのか」という部分にはっきり繋がっているという確信がなければ、納得がいきません。

表面上の意識としては、一例ですが

「妻との関係を修復したい」

と思って相談する人がいたとします。その場合には、その過程や方法はお任せするとしても、最終的には

「妻との関係を修復」

してもらわないと困るわけです。

あるいは、

「経済的に大きな成功がしたい」

と思ってる人が、メンタルブロックを解除した結果

「やあ、経済的成功なんてものにこだわっていた自分が間違っていました」

とか言い出して、経済的な成功を目指すこと自体をやめてしまったら、それはメンタルブロックを外したと言えるのか、あるいは、そもそもどうしてそのメンタルブロックを外したのか?

……と私は強い違和感を持ちます。

確かにそれは本人の価値観や考え方によるということになりますが、でも……メンタルブロックを外すっていうのは、特定の固定観念をなくすということとほぼ同義です

だとすると、それは結局は本人の価値観や考え方を大きく変えると言ってるのとほぼ同じですよね?

私は、その結果として、もともと本人が持っていた「目的」まで変わっちゃってると、何となく腑に落ちないんです。

目的意識を持つ意味

とは言え、もちろん結果的にそういうことになる場合もあるということは想像がつきます。

それならそれで最初の段階でその辺を詳しく説明してからにしてほしいです。

たとえば、

「あなたが言ってるその相談内容ですけど、そもそもぜんぜん的外れなんで、そんなことはもう気にもならないような形に内面を変えちゃいますけど、良いですか?」

というくらいの説明が欲しいということです。

そうすれば、人によっては

「いやいやいや、それじゃ困るんで、やっぱりいいです」

ってことにもなるでしょう?

少なくともその判断くらい本人にさせてあげないと、勝手にメンタルブロックを外されちゃったら、判断そのものが変わっちゃうじゃないですか。

……という部分がちょっと引っかかります。

忍336



忍336