加速する思考のメタ化

「メタ化」とは、単純に言えば、今より抽象度の高い主題によって思考や情報を包括することです。

最近ネットでよく見られる「まとめ」記事みたいなものを思い浮かべると分かりやすいかもしれません。

あらためてメタ化と言われると難しい話のように聞こえますが、実際はメタ的な認知や思考は人間にとってはごくふつうのことで、だれもが無意識的に、日常的に行っているはずです。

メタ思考は人間にとってごく日常的なもの

たいてい、個別に具体的な事柄について考えているうちにも人間はかならず同時にそのことを抽象化して把握したり、判断したりしています。

そして、日常的には私たちはそんなこと自体を特に意識してはいません。むしろ、放っておいても脳は勝手にメタ的な思考を起こしてしまうといったほうがいいでしょう。

ただ、抽象的な思考を繰り返していると、ふつう人はだんだんと混乱してきます。すっきり整理したくなります。

すると、すっきり整理するにはその基準や方法論がまた必要になってきます。その時

「意識的なメタ化」

が必要になるのです。だから、いわゆる「思考法」とか「フレームワーク」といったものが欲しくなります。

一般に「〇〇思考法」とか「思考のフレームワーク」とか言われるものは、たいていは知識や情報のメタ化の方法論を述べているわけです。

情報過多の時代

おそらく時代が進んでいくほど、人間はどんどん抽象的な思考の比重が高くなっていくと推測されます。

それは第一に、一人ひとりの人間が扱う知識や情報の量が増えているからです。

私たちは今どちらかというと情報がありすぎる状態で生活しています。もちろんそれによって以前は不可能だったことができるようになったのです。

また、その情報がなければ自分では思いつきもしなかった事柄について、それを知ったがゆえに検討する必要が出てきます

つまり人は情報量が多いほど選択肢が増え、多様な可能性を手に入れることができます。

これは本来的にはとてもいいことなのですが、けれども、私たちはいつも悩まされることになります。

私たちはふと気付くといつもこんなことを考えていますよね?

「どうしたらもっと仕事がはかどるのか」
「どうしたら、もっと良い生活ができるのか」
「自分はもっとこういう性格だったら良いのに」

こんな反芻思考に苛まれ、日々ゆとりがなく頭の中がゴチャゴチャになったまま生きている人もいるかもしれません。

あらためて冷静に見ると、私たちは常に実際の個別具体的なことを直接考えているのではありません。

現代社会を生きるには私たちは休みなく多くのことを想い、悩み、考え、判断しなければならないのですが、その大部分はむしろすでにメタ的な事柄なのです

これは、私たちに与えられた自由度や多様性の副作用とも言えます。

進歩と思考の高度化

世の中が進歩して新しい技術が紹介されると、私たちはより便利で快適な生活ができるようになります。今までできなかったことができるようになりますが、それに伴ってより複雑で高度な理解を要する場面も増えてきます。

たとえばですが、計算問題を解こうとする時に、紙と鉛筆で筆算しているよりはそろばんで答えを出してしまうほうが便利ですよね?

けれども、そろばんを使うにはその使いかたを知っていなければなりません。計算するにはそろばんが便利であることは間違いないのですが、その前提の段階で、

「そろばんの使い方」

を覚えなければなりません。そろばんの使い方って、紙と鉛筆の使い方より難しいですよね?

便利になるということは、ある意味では前提的な理解が高度になるということと裏表の関係にあるわけです。

これは、

「自転車と自動車のどっちが便利?」
「手紙とファックスはどちらが便利?」
「電話と電子メールとどっちが便利?」

というふうに比較すると、日常ほぼすべての状況において同様です。

より便利であることは同時により難しい前提的な理解を必要とするのです。だから私たちは大切であるか瑣末であるかに関わらず、進歩すればするほど以前より多くの煩雑な知的作業を抱えることになります。

最近しばしば「メタ思考」とか「メタ化」といった概念が注目されるのも、こういった事情があるからです。