目的意識を持つべき理由(目標設定ではない)

関連記事
【目的意識が必要である理由】
(2)目的意識と階層的把握
カテゴリー:思考法

これは自己啓発に限りませんが、目的意識を持つ必要性について書きます。

ただし最初に、私が今思っていることは

「目標設定」

ではありません。

目的意識とは?

目的意識とは文字通りの意味だと

「行動の目的を明確に意識すること」

というふうに解釈できます。

しかし、これでは目標設定とほぼ同じような意味だということになってしまいます。

私がここで書きたいのは

「目標を持つことの大切さ」

とか、

「行動するには目標が必要」

といったことではありません。

むしろ、極端に言うと目的意識を持つべき理由は

「余計な行動をしないため」

です。あるいは、

「思考が無制限に拡散しないため」

です。

たとえば、自己啓発と言える行為や活動の具体例を挙げ始めると収拾がつかなくなります。

あなたが今、仮に電車の中に貼ってある広告や、YouTubeの動画でも見ていてふと、

「英会話の勉強を始めようかな」

と思いついたとします。

しかし、それは直接には、あなたにとって何のためになりますか?

もしあなたが今の仕事ですでに英語を使わなければならない場面が多くあって困っているという状況だったら、もちろん

  • 今の業務上の問題解決

のためですよね? これなら言われるまでもなく目的ははっきりしています。

しかし、別に今どうこうというわけではない、でも、もしかすると

  • 将来役に立つかもしれない

と考えているのかもしれません。たとえば、いずれは転職したいが、その際に必要になるとか?

あるいは、本当は前から憧れている職業があるとか、その方面で独立したいと思っているとか?

あるいは、単に

  • 自分の可能性の幅をなるべく広げておきたい

と考えて、一度試してみようとか。

あるいは上司に

「何か自己啓発的なことをしなさい」

と言われたので仕方なく……かもしれません。

ところで、もしここで目標設定について述べるとすれば、まったく別の話になるでしょう。

たとえば

「いつまでにTOEICで何点取る」

とか、期限と数値で目標を設定して、そのために

「一日30分は勉強をする」

と決断して、ますは3週間継続する……とか、そういった話になりがちですが、今私はそういうことを書きたいのではありません。

目的意識は階層化できる

具体例で考えると自己啓発になり得る活動というのはほぼ無限に挙げることができます。

あるいは、一般に自己啓発といった場合にイメージすることで最も多いのはやはり新たな知識の獲得や、情報収集といったものになるでしょうが、その知識や情報の種類もまた、なんら制限などありません。

なので、そこに目的意識がないと次から次へとただやみくもに情報に触れるだけになってしまいがちです。

そこで、私は目的というものをいわば

「階層的」

に整理することをおすすめします。

階層的、というのは単純に言うと、それは何段階かのレベルに整理してイメージできる、という意味です。

ただし、別に厳密に理論的な階層構造になってなくてもいいです。あくまで主観的に、概念的に階層のようなものをイメージするだけで十分です。

自己啓発の意味は、最も集約的に言うと

「自分を変え、人生を変える」

ということです。

しかし、するとこれに対応する具体的な行為とは、あなたの人生におけるほぼすべての事柄ということになってしまいます。

ですから、これをいくつかのレベルに分けて把握します。たとえば一般に自己啓発的な話題で良く取り上げられるものを考えてみれば、

  • 人生論(自分の人生を俯瞰した大局的な見方)
  • メンタル(自分の精神や心のあり方全般)
  • 思考法(自分の思考の傾向や、ものの考え方)
  • 成功法(主に経済的に成功する方法)
  • 仕事論、労働観(自分の仕事に対する価値観、方針)
  • 仕事上のスキル(今の仕事に関係する技術や知識)
  • 一般的な知見(ふつうに知っているべき情報、知識)

という感じでイメージすることも可能です。
あるいは、自分自身の関心や動機に照らして

  • 人生の全体を見渡すため
  • より成長するため
  • 周囲の環境や状況を良くするため
  • 今やっている行為に活かすため
  • 単なる知的好奇心

というふうにイメージするのも良いでしょう。

人によって関心事や視点が異なるので自由に考えていいんですが、いずれにしろ階層化してみてください。

その上で、では今の時点であなた自身の目的意識をどのレベルに置くか、ということをあらかじめ決めておくわけです。

自己啓発本は階層横断的に書かれていることが多い

多くの自己啓発本は、その性質上、つまりたとえばその一冊なら一冊で著者の言いたい内容がまとめて提供されているため、このように階層として見た場合には各レベルに話が広がって行ったり来たりするように見えます。

また、自己啓発本と銘打った本以外でも、市販の実用書、専門書や、果ては漫画でも雑誌でも結局何でもそうなのですが、少なくとも自分にとってはこの階層上のどこかに属する情報について書かれているはずです。

また文字じゃなくてもすべての情報や経験がそうです。

その時に、

「これはこの中の、どのレベルの話なのか?」

という視点で情報とか、自分が今するべき活動などを選択することができます。

関連記事
【目的意識が必要である理由】
(1)目的意識を持つべき理由(目標設定ではない)
(2) 目的意識と階層的把握
カテゴリー:思考法