自己啓発しようと思った自己はどこへ行ってしまったのか?

自己啓発というのは、前提として

「自分が」
「自分で」
「自分を」

啓発することです。

もちろん他人からの助力や指導などを取り入れても構わないのですが、
「他人にやってもらう」
ことではありません。

ただ、そう言うと人によっては

「その自己っていったい何だ?」

というような、いわば哲学的な問題に意識が向いてしまうこともあります。

あるいは、相手がそのように誘導する場合があります。

私が思うに、それこそ

「相手の思う壺」

なんです。

「自己とは何か」

これはまあ、確かに面白い問題には違いないんですが。

ただ、そこが揺らいだ状態でそのままセミナーとかに参加し続けるのはやっぱり危ない面があります。

実際、多くの自己啓発的な教えにこういう問題が出てくるんです。いわく

「自己など存在しない」
「今のあなたは本当のあなたではない」
「潜在意識を知らないと成功できない」
「自分を解放しなさい」

とか……。

別に余計なお世話かも知れませんけど、この時点でもう、自己啓発しようとしている自己そのものが揺らいでしまいます。

あるいは、そのプログラムなり、メソッドなりというのは、そうなるように出来ています。

動機がすり替わっていたら要注意

そして、こういう話に入ってくると、次に必ずと言っていいほど

「動機のすり替え」

が起こります。

つまり、既存の価値観を崩しておいた上で、別の目的や動機を与えるというのは、悪い人の常套手段なのです。

それに、もし相手が善意だったとしても、私自身はこれをとても嫌います。

だって、最初にその情報収集なり、活動なりをしようと思った自分の動機があるじゃないですか。

それがダメなんだって言われても困るんですけど……。

私はその時点で少なくとも一度、相手を疑います。

迷います。

そして、明快に自分で納得できない場合は、そこで諦めることにしています。

もちろん、最初から自分の問題意識や、目的意識が

「自己の本質を知ること」

とか、あるいは悟りを開きたいとか、そういうことなのであれば問題ないです。

最初はそんなこと思っていなかったのに、気が付いたらなぜかそういうことになっているというのが問題です。