アウトプットのクオリティが高いなら、成功するに決まってる

あなたがどんな分野で、どんな方法で成果を出したいにしろ、最も端的に言えば、もしあなたが提供しようとする商品、サービスやスキルなど……つまりアウトプットのクオリティー(品質)が一定以上に高ければ成功に結び付くのは時間の問題です。

逆に、あなたのアウトプットのクオリティが低いうちは、どんなに願っても頼んでも……だれも見向きもしてくれないでしょう。

要するに、成功できるかどうかは前提的には

「アウトプットクオリティ(Output Quality)」

にかかっているわけです。

一定レベルの「アウトプットクオリティ」が必須

もちろん、それはあくまで前提であって、

「良いものを作りさえすれば売れる」
「良いサービスを続けていれば、お客様は必ず選んでくれる」

……というような単純な話ではありません。特に今の時代は。

【商品を売るためのセオリー】
【QSCという考え方:小売業や飲食業では、よく「QSC]という原則が言われます】

とはいえ、何かしら目に見える成果を得るとか、特定の目標をクリアしようとする時や、将来それを仕事にして喰っていこうとか……もし思うのであれば、それに見合う一定レベルのクオリティが必須であることは自明のことですよね?

クオリティをある一定以上のレベルに上げたとき、その先にこそ初めて目標があり、需要が生まれ、マネタイズもある。

私たちは、ともするとこの当たり前すぎるほど当たり前のことを、ついうっかり忘れてしまうことがあるのではないでしょうか?

……なんか違うことをいろいろ考えているうちに。

「自分がしているそのこと自体のクオリティを高める」

これはやはり、すべての前提です。

インプットとアウトプット

ところで、仕事でも趣味でも何でも良いのですが、今よりその腕前を上げようと思ったときに私たちがすることは、大きく分けて

① インプット(Input)
② アウトプット(Output)

の2つがあります。

「インプット」というのは「入力」の意味です。つまり知識や技術、情報やノウハウなどを自分の中に取り込むことを指します。

これに対して「アウトプット」というのは「出力」ですね。つまり、自分の考えや知識などを形として外に出すこと、あるいは行為や行動として現実に表すことを指します。

しばしば指摘されるのは、スキルアップにしろ何にしろ、

「インプットとアウトプットのバランスが大事

ということです。

もちろん、これは一理あります。

どちらが欠けても片手落ちです。

このバランスというのはかなり個人差があります。別に、ちょうど半分くらいだと良いとかそういうことではありませんが、たいていの人は、どちらか一方に極端に偏っているはずです。

もし、自分がいつの間にかインプットばかりに好んで時間を使っていると気が付いたら、意識的にアウトプットする作業を取り入れてみることは非常に有効です。

特に、日本人の多くはもともと基本的にはインプット過多になりやすい傾向にあります。ですから、アウトプットの重要性が強調されることが多いですし、確かにアウトプットレベルを意識すれば上手くいく可能性が高いです。

もちろん、逆にアウトプットは得意だけどインプットを疎かにしていると感じる、あるいは、すでに何らかの形でアウトプットはしているのになかなか成果が感じられない……たとえばこういった場合には体系的な知識の習得や、情報収集の習慣といった、インプットに関する問題を見直してみるのも良いかもしれません。

天秤

……と、これは一般論的な説明ですが、実際のことを言いますと、これは

「バランスの問題」

というよりも、インプット、アウトプット、それぞれの

「絶対量」

が問題なわけで、考えてみるといくらバランスが良くても、そもそもインプットもアウトプットも両方不足だったらお話にもならないのは自明のことです。

つまり、言い換えるならば、多くの人は

① インプットは十分でもアウトプットが足りていない
② アウトプットは十分だがインプットが少なすぎる
③ インプットもアウトプットもぜんぜん足りない

……のどれかなわけです。

循環で考える

ということで、実際にはインプット、アウトプットそれぞれの絶対量を同時に確保することが課題と言えます。

そこで、もちろんインプット、アウトプットそれぞれの具体的な方法論とか、それ自体のクオリティの問題も大きいわけですが、それはいったん置いて、その前に大枠としてまず、自分がしていることのクオリティを向上していくためには

「インプット→ アウトプット」

ワンセットとする自分なりの作業の流れ、言い換えると

「循環(Input-Output Cycle)」

を作ることを意識することです。

作業の絶対量を確保するというのは、さらに言い換えればこの循環の

「回転数」

を一定以上に確保するということと同義です。これを意識して日々の実際の行動や作業内容に反映できれば、いわゆる「バランス」の問題も必然的に解決するわけです。

最初のうちは、クオリティは低いのが当たり前

最初はだれでも、自分ができる「アウトプット」に自信が持てないものです。

というよりも、最初から自信があるほうが変なわけで……それは根拠のない自信で、最初の内はだれが何をやってもレベルが低いに決まっています。

才能より努力、とかではなく「才能」そのものの意味を教えて

だからと言ってインプットだけしていても、アウトプットの経験がなければ何もできません。また、アウトプットしてみると、次に何をインプットするのが有効なのかを知る手がかりになります。

だから下手でも何でもいいからインプットとアウトプットの循環を速く回したほうが有利なわけです

別の面から言うと、技術や腕前を上げるためには相当量の

「経験値」

が必須です。この経験値というのが実質的に何を指すのかと考えると、まず思い浮かぶのはその事柄に過去費やしてきた

「絶対時間」

です。たいてい、ごく俯瞰的にみると何であれその道のプロとか、一流と言われている人々は必ず相当の時間をそれに使ってきたからクオリティが高いわけです。

しかし、いくら時間を確保しても、だらだらやっているだけでは大きな効果は期待できません。よって当然

「集中度」

も問われます。言い換えると、時間の密度です。生産性です。

とはいえ、集中するのが苦手という人は多くいます。

もちろん、高い集中力を発揮できたほうが効率は良いことになりますが、集中するというのはそれ自体に一定の経験値が必要なものなので、実際はいくら気合を入れようがモチベーションを上げようが一朝一夕にはできません。

Zone状態に入る方法

もう一つ、付け加えておくと、実は集中力というのは常に100%である必要はありません。ただし、これにも最低限これ以上はないと効果がないという「閾値」のようなものが存在するってことです。

また、ある程度のレベルになってくるとむしろ、あえて集中しない時間を作るというような手法も有効になってくるものです。

つまり現実には、単に「集中する」というよりも

「集中と弛緩」

の両方を適切にコントロールする……というようなレベルの技術や能力が必要になってきます。

ここでは、ただやみくもに「集中しなければ!」と思い込むのではなくて、そもそもこのようなコントロール自体が一種のスキルであって、そのスキルを得るにも結局「絶対時間」が必要だという点を押さえておきましょう。

なぜ「習慣化」が最強なのか

「経験値=集中度×絶対時間」

という公式は一応成り立ちます。

それで、もちろん多くの人にとってはこの「時間確保」の問題が大きいです。

「会社に行ったり、生活上の雑事にとらわれたりせず、一日中そのことだけできれば、きっと自分だってすごい成果を出すことができるのに……」

だれもがこのようなイメージを持ちます。

しかし、それはかなり雑なイメージです。

実際には、仮に一日24時間、全部をフルに使えるとしても、それに見合った経験値が獲得できるとは限りません。限りません……と言うか、たぶんできません。

その理由の一つは、人間は完全にストレスフリー、無制限に自由な状態になると、むしろ集中が難しくなるからです。

もう一つの理由は「限界効用逓減の法則」というのがあるからです。

ウィキペディア

この法則は経済上の理論ですが、一般的な価値全般(たとえば時間)についてもこれを当てはめて類推することができます。

たとえば、あなたが毎日1時間勉強した時の成果を基準として「100」とします。

あなたがさらなる時間確保に成功し、毎日3時間勉強できる状況になったとすると、その時に期待できる成果は……「300」にはならないかもしれない、ということです。

最初の1時間は「100」だとしても、継続してもう1時間勉強を続けた場合は「80」くらい、さらに1時間やっても「60」くらい……3時間合計での成果は「240」にしかならない、ということが起こるということです。

もちろん、時間と集中力との関係を考えた場合、スタート時の集中力より、ある程度時間が経過したときに集中度が上がってくるという可能性もあります。

これは、陸上競技において100メートル走の記録が「50メートル走の記録の2倍より速い」のに似ています。

いずれにしろ、個人ごとに「自分にとって最適な時間配分」というのが存在します。

また、実際には自分が意識しているその事柄に費やしている時間だけが成果を決めるのではありません。そもそも、それ以外の時間をどのように使っているかということも人間が行うアウトプットのクオリティに間接的な影響を与えているだろうことは想像に難くありません。

よって、気合で短期間のうちにガリガリやるという方式よりも、自分にとって最も効果の高い一定のペースとスタイルを確立すること、つまり

「習慣化」

のほうが長期的に見て効果が大きいのです。

「習慣化」始めるためには?

アウトプットの方法と次元

たとえば、英語を勉強しているとします。

英語学習でも、インプットだけでなくアウトプット学習が重要であるとよく指摘されます。

で、その場合の「アウトプット」というのはどういう行為を指すのかと考えてみると、通常は当然

① 話すこと(スピーキング)
② 書くこと(ライティング)

という話になります。ちなみに、それに対応するインプットは当然「聞くこと」「読むこと」ですね。

単純に言えば、このインプットとアウトプットのサイクルを循環させることが、効果的な英語学習のしかたということです。

ところが、もっと深く考えると、たとえば「話すこと」と言っても、自宅で自分ひとりで、たとえば参考書にある例文を音読してみたり、DVDなどの英語教材を使って発声してみる、というような次元でもそれはアウトプット学習に違いはないのですが、次段階として

「目の前にいる相手と会話する」

ことのほうが、より発展的なアウトプットと言えますよね?

もっと言えば、その会話の相手というのは英語の講師の先生でも良いですが、実は

「その辺を歩いている本当の外国人」

だったら、より実践的なアウトプットになり得ます。

さらには、実際に英語圏へ行って、そこで英語だけを使って生活するということになると、アウトプットといってもその次元がぜんぜん違います。

つまり、

「循環(Input-Output Cycle)」

と言ってもそれには何層にも異なる次元でのアウトプットが想定できます。

視点を上げると、先ほど言った

「その辺を歩いている本当の外国人と会話する」

というのが高次のアウトプットだとすれば、その前段階にある練習や学習、つまり英文を聞いた通りに発音してみることや、講師を相手に発音や発声をしてみてチェックしてもらうとか……それそのものが、どちらかというと「インプット」に近い行為だというのが分かるでしょう。

もちろん、日々の基礎からの積み上げのような努力を疎かにして、いきなり極端に実践的なアウトプットばかり挑戦しても、おそらく効果は少ないわけですが……実はこのように「循環(Input-Output Cycle)」を多重的、多層的なイメージで捉えることができると、より効果的な

「アウトプット」

のクオリティ向上につながります。

英語学習の場合は例として分かりやすいと思うのですが、おそらく他のどんなことであれこの理屈は当てはまります。

ここまでをいったんまとめますと、インプットとアウトプットの問題というのは

① バランスではなくて両方の絶対量が問題
② 「Input-Output Cycle」の回転数が問題
③ 「Input-Output Cycle」は多次元的に想定できる

と考えるとすっきりします。

インプットのクオリティにこだわる

インプットにおいては、絶対量もさることながらその品質をよく吟味する必要があります。まず、基本的には

「目的ありきのインプット」

が大前提です。

目的意識を持つ意味

もちろん、常にある程度の試行錯誤、トライアンドエラーを避けることはできません。というより、一定量の試行錯誤があったほうが長期的に見るとクオリティは上がるのですが……とは言っても、あまり意識や集中を伴わない無目的なインプットだけを繰り返しているのは非効率です。

ポイントとして、2つだけ挙げますが、まず

① インプットする内容は「アウトプットしたい内容」から逆算して決める

のが良いです。

もう一つは、インプットに関してはむしろ

② 他人との比較、競争の視点を持つ

ほうが有効です。

私は、こと「アウトプット」に関しては、実はあまり他人との比較は有効でないと感じます。事柄の種類にもよりますが、基本的に自分が生み出す成果や提供物のレベルそのものを他人と比較して一喜一憂することにはあまり意味も効果も感じられない場合が多いです。

むしろ精神的に落ち込んだり、不必要に高望みしたり焦りを感じたり……とデメリットのほうが多い気がします。

しかし、インプットのほうは量やスピード、その質も含めて「独りよがり」になりやすいため、むしろ他の人がどれほどの量をどれくらいのスピードでこなしているか?

あるいは、その道ですでに成功したり活躍している方は、どのくらいのインプット量を確保してきたのか、といった視点をもったほうが効果的です。

よくある話ですが、自分では

「私はこんなに頑張っているのに……どうしてこの程度のレベルにしか到達できないんだろう」

というように思わず嘆きたくなる瞬間があったりします。

「やっぱり才能がないんだ」
「素質が違うんだ」
「私の環境じゃ、いくら頑張っても無理に決まってる」

……と、つい考えたくなることもあります。

でも、そういう場合に真っ先に疑ってみるべきなのは、

「私はこんなに頑張っているのに」

この「こんなに」とは、客観的に見て「どんなに」なのかということです。

「謎のクオリティ」を目指す

YouTubeやニコニコ動画界隈で時々見かける、私が妙に気に入っているネットスラングのひとつで

「謎のクオリティ」

というのがあります。


「謎のクオリティとは、なんだか理解出来ないがクオリティが高い事のみわかる動画に付けられるタグである」 【参照:ニコニコ大百科


つまり、その意味とか価値とか……それに、役に立つかどうか、売れるかどうか、評されるかどうか、といった観点から見ると疑問ではあるけれども、でもとにかくクオリティだけがやたらに高いという、ある意味では皮肉を込めた言い方とも言えます。

しかし、私から見るとこの「謎のクオリティ」というのは、はっきり言って

「大きな称賛の言葉」

に見えます。

最終的には評価や成果を得たいと思っているとしても、その過程ではある意味でムダと思えるほどに自分の作品や、提供する商品、サービスのクオリティを真剣に追及することは必須なのではないでしょうか?

アウトプットのクオリティが高いなら、いつか成功するに決まってるんだから。

Kindle(アウトプットに関する本)