自己啓発の例は無数にある

自己啓発的な活動の具体例を挙げようとすれば、それは非常に多岐に渡ります。

たとえばスポーツでも、芸術分野の趣味でも……一般的な意味で言えば、本人が自己啓発だと思ってやっていることは何だって自己啓発活動だと言ってよいことになります。

ということは、それは結局ほぼすべての事柄です。

rei

これが自己啓発という言葉のややこしいところでもあります。

自己啓発だと思えば自己啓発?

たとえば、

  • 英会話を習う
  • 新しいアプリの使い方を調べる
  • 体力を付けるためにスポーツを始める
  • 天体観測のサークルに入る

……これらの例は内容的にはバラバラですが、本人が

「私はそれを自己啓発の一環だと思っています」

って言えばすべて自己啓発の例となり得るのです。

ただし、もし自己啓発活動の例文として挙げるならば、それでは身も蓋もないので、もう少しそれらしく言いたければ、その行為や活動が

「自分の考え方を変える」
「自分の人生をより良くする」

のどちらか、あるいは両方に直接貢献していると考えられる点を強調すると、より説得力があります。

自己啓発というのはそういう目的で行うのですから、その具体例がどんな例であろうと構わないことになります。

むしろ、他人に語る場合や応募企業に提出する場合などは、例として挙げる活動内容が「自己啓発的でない」ほど有利とも言えます。

多くの人は、自己啓発の例と言われると、

「どんな活動なら自己啓発として相応しいか」

と考えてしまいます。

しかし、本来重要なのは、あなたが自分の選択についてどういう意味付けを行う人か、また、自分の得た知識や経験から、あなた自身がどんな「啓発的意味」を読み取ることができるのか、ということのほうです。

つまり活動の内容自体が問題なのではなく、自己啓発という場合にはその活動がこのような目的に結びついていると結論付けることができるかどうかが問題なわけです。

読書はすべて自己啓発?

読書にしても同じことです。

何の本であろうと、本人がそれに意味を感じて読んでいる限り自己啓発活動になるわけです。

そもそも読書をする主な理由と言えば、ふつうの意味で考えても

「新たな知識や知見を得るため」

です。それでなければ、おそらく

「単に面白そうだから」

「単に好きだから」

といった理由しか残りません。

これは、書店や図書館でその本がどの分野に区分されているかということとは関係ありません。

たとえビジネス書や実用書であろうと、純文学であろうとエンタメであろうと関係ありません。

あなたがそれを読む理由のほうが重要です。

たとえ本棚の中では

「自己啓発本」

と区分されていないとしても、本人にとっては、自己啓発の一環として読もうとすればすべて自己啓発となり得ます。

ふつうはそれを自己啓発本とは呼びませんが、別にコテコテの自己啓発本でなくても自己啓発にはなるということです。

むしろ、一般的な印象として考えるなら、いわゆるコテコテの自己啓発本をかじって不慣れな啓発体験を聞かされるほうがうんざりします。

それなら、まったく異なるジャンルの本や作品を例に、そこからあなたがどれだけ抽象度の高い意図や概念を導き出せるのかを披露したほうがよほど有意義だし、評価が高くなるでしょう

自己啓発活動の典型的な例

自己啓発活動として挙げ得る典型的な行為の例と言えば、もちろん

① 本を読む

これは王道です。

上にも書きましたが、必ずしも啓発本でなくても、そこからあなた自身がどんな啓発を受けたのかをきちんと説明できるのであればジャンルは関係ありません。

ちなみに、読書以外の「自己啓発活動」を選んでいる場合でも、その活動に関する著名人や一流選手の本などを読んでおくことで、単なる体験談の域を超えて視野が広がり、意識に一貫性が出ます。

たとえば、テニスをやっている人なら松岡修造さんの本を読んでみるとか?

また、意図を持って知識や情報を得ると考えるならば別にそれは「本」でなくても構わないわけで、

② 映画やDVDを見る

というのも十分有効です。

または、

③ 習い事をする

というのも有力なひとつの手です。自分ひとりで行う場合よりも気付きや成長が顕著に見られるはずですので、興味や関心がはっきりしているなら思い切って初めてみることです。

特に、たとえば今までそのように積極的に習い事などしたことがなかった人なのであれば、ここで思い立ってその習い事を始めたということ自体が、すでに一つの自己啓発的な経験となり得ます。

……その意味で、即効性があるわけです。

④ 勉強する

勉強と言って、もちろん学校の勉強に対する取り組み姿勢を変える、というのもアリですが、別にいわゆる「学業」でなくても可です。

何であれ、自分が好きなこと、興味のある分野について意識的に知識を深める意思をもって取り組み始めるのです。

心理学、社会学、哲学、政治、経済……などは典型的ですが、もっと身近なところで、たとえば炊事や掃除といった「家事」を本気でやってみるとか、それに関する知識や情報を集めまくって実践してみる……つまり、なんでも「勉強だ」と位置付けて取り組むレベルを一気に上げれば自己啓発活動として十分機能します

⑤ 人に会う

これは、ある程度著名な人でもいいですが、身近な人でもいいです。

ただし、今までのように単に時間を共有するとか、付き合いや遊び相手として会うだけではなくて、何らか一貫したテーマ、問題意識を先に決めておいて、それを踏まえて相手と接し、相手の意見を聞いたり、話し合ったりするならば、かなり立派な自己啓発になり得ます。

⑥ 日記をつける

自分の行為を振り返る習慣があると、内省する力が培われ、内観が充実します。外界を今までよりも意識的に理解しようと努めることになりますし、視点も変わる可能性があります。

アウトプットを意識しよう

先に挙げたものはどれも十分自己啓発の一環として意味のある行為の例です。

ただし、たいてい自己啓発というとイメージ的に

「インプット」

的な行為に目を向けがちですが、欲を言えばむしろ可能な限り

「アウトプット」

を伴う活動のほうが効果も価値もより高くなり得ます。

……当然、評価や印象も良くなりやすい傾向にあります。

⑦ 出かける

もともと旅行やアウトドアが好きな人の場合、先に何らか目的やテーマを決めておけば、単なる「お出かけ」が立派な自己啓発活動になります。

⑧ 人といっしょに何かする

自己啓発というと、どうしても視点が自分に向きがちです。これはたとえばボランティアみたいな典型的な自己啓発活動でもそうなのですが、淡々と自分語りをするだけだとアウトプットとしては弱いです。

そもそも他人といっしょに何かをするという行為には啓発的な意味があります。そこで出会った人とか、親しくなった人、そのような「他人」から学ぶことを意識すると視野が広がるでしょう。

⑨ 情報発信をする

典型的なアウトプット行為です。今はブログやSNSなど比較的手軽に利用できます。ただし、もちろん純粋に楽しむ目的で利用している人のほうが多いので、単に

「ブログをやっています」

と言うだけでは(他人に語るとすれば)弱いです。

自己啓発として行う場合には、同時に何らか一貫した、継続的な「インプット」とセットと考えましょう。

インプットとアウトプット

⑥ スポーツ、運動を始める

これは、自己啓発活動として書く人も多いですが、事実としても人によってはかなり啓発される可能性の高い行為です

私も人のことは言えませんが……体を動かすのが不得意な人ほど推奨です(笑)

最近、何か新しいこと始めましたか?

ところで、こそっと言いますが……他人に見せるための「自己啓発」の場合には、実はちょっとしたコツがあります。

それは……たとえば上で挙げた例でも共通なのですが、あなたがすでに部活や課外活動などで長い期間やっていたスポーツなどを取り上げて自己啓発的に書こうとすると、あんまり上手く書けないでしょう?

何となく、後付けでわざとらしい話になってしまうからです。

そうでなくても、特技とか趣味とか……要するに別の項目で記載する内容と重複してしまいますし。

だからですね……たとえばスポーツならスポーツでも良いのですが、すでに長年ひとつの競技を続けてきた人の場合は、

「それに近い競技を最近もうひとつ始めた」

ということにすると説明しやすくなります。

たとえば、


私は中学、高校とサッカーをしてきました、そこではこんな大切なことをたくさん学びました。

しかし……最近、少し思うところがあり、まだ下手ですがバスケットボールのチームに参加しています。

なぜなら、バスケットボールというのはこんな特徴があるので、サッカーを続ける中ではあまり意識しなかった、こんな学びが得られるのではないかと……。


というふうに、過去の経験や実績も前面に出しつつ、しかもそれと対比させて自分の新たな気付きを強調します

いずれにしろ、自己啓発というのは何であれ知識や経験を通して「内面の変化」や「行動の変化」に結び付くから自己啓発なわけで、他人に語るにしろ、自分自身が本気で取り組む場合にしろ

「最初に思い描いていたイメージから、いかに視点を挙げられたのか?」

というところが大事です。