貪欲を戒める倫理、教義

「成功や自己実現を望むことは、利己的で欲望的なのではないか?」

私の中には、こんな疑問がずっと残っていました。

たとえば仏教において

「貪欲」

とは三毒(・瞋・癡)の一つに挙げられており、人間の根本的な煩悩とされています。

キリスト教でも、たとえば聖書には

「不品行な者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、男娼となる者、男色をする者、盗む者、貪欲な者、酒に酔う者、そしる者、略奪する者は、いずれも神の国をつぐことはない」

というような記述が見られます。

あらためて見ると、貪欲というのが、たとえば姦淫とか盗み、略奪というような行為と同等のレベルで扱われていることに驚きます。

また、アニメでよく知られるようになった「七つの大罪(七つの罪源)」にも貪欲、強欲が挙がっていますよね?

あるいは、儒教においては「中庸」が理想の徳とされています。
……これらは、受け取りようによっては「ふつうであれ」という強力な精神的束縛になり得ます。

私も

「成功したい」
「自己実現したい」

あるいは

「もっと自由に生きたい」

といった自分の中の希望、願望と、このような宗教的あるいは倫理的な規定との不一致について、けっこう真面目に悩んでいたものです。

忍336



積極的平凡主義

また、前に挙げた

「平凡主義」

も、多くはすでに書いたような経験則でしかないのですが、中にはもっと積極的に、つまり今言っているように、そもそも

「成功とか自己実現とか、そういう価値観に傾くこと自体が倫理的に悪だ」

という思想に基いて確信的に言っている場合もあります。

そのような場合、たとえば

「金は額に汗して稼ぐものだ」
「労働は人間の美徳だ」
「地道に、真面目に生きるのが人間本来のあり方だ」

……というような言い方になると思います。

こう言われると、私などはそれを単なる根拠の希薄な固定観念だと一蹴する勇気が持てなかったりします。

でも、私も少し違う見方ができるようになってきました。

まず、何度も繰り返しますが、成功すること自体は善でも悪でもない、ふつうのことです。

言い方を変えると、自分が望んでいる状態を実現するということや、自分が相応の願望を持って、それに向かって努力したり、工夫したりするということは……貪欲、強欲、ではありません。

貪欲、強欲というのは……欲望をどこまでも無限に膨らませていくことです。そして、その自分の欲望を満たすことを唯一絶対の価値と見做すということなのです。

で、この意味であるとすれば、これは特定の宗教とかに照らすまでもなく、ふつうに考えても悪なのです。

しかし、単なる願望、欲求というのと、貪欲、強欲というのは、実はぜんぜん別のことなんです。私はそれを混同していたと思うんです。

忍336



忍336