仕事に対する「責任感」とは?

「仕事の場において起こったこと全て自分の責任である」

そういう気持ちでいる人は、責任感があります。

たとえば、自分ではなくても、だれかがもし取引先やお客様に下手な対応をしたら、会社全体、組織全体が悪い印象を持たれてしまいます。

あなたがその組織に属している限り、そもそも論で言えば

「だれがやった」
「俺がやったんじゃない」

という議論にはまったく意味がありません。

実際にその業務を担当した人ももちろん悪いけれども、そんな人に仕事を任せていること自体が問題だし、その場にいるのにそれを見過ごした人、前から気が付いていたのに何も言わなかった人も、それに気が付くことができなかった人も……みんな同罪と言えます。

その変な対応を許してしまった全員が悪いのです。

ただ、実際にはそんな考え方をしている人はほとんどいませんよね?

あなた自身も。あなたの周囲の人も。

要するに、

「自分じゃないから」

と思っている人は、みな責任感がないのです。

責任者はだれなのか。

「社長です」
「上司です」

とか言っている人は甘えた人です。

傍観者です。

あなたはそこに、お客様に価値を提供するために存在しているはずです。

「俺の担当じゃない」
「私の仕事じゃない」

などとうそぶいていられる神経の持ち主はおおよそ、責任感がないのです。

それだと、あなたは本当は完全に責任を果たしているとは言えない

もっとはっきり言うと、

「保護されなければ働けない人」
「現実の諸事情によって間に合わせで雇われている人」

に過ぎません。

逆に、自分が働いている場で起きることは、すべて自分が把握し、適切に処理してやろうといつも気を張っている人、目を配っている人は、責任感のある人なのです。

職場も、お客様も、本来そのような真摯な態度と意識を持った人材を望んでいる。

そのような人こそ貴重であり、

「仕事を自立的に完結させることができる」
「信頼し、安心して任せられる」
「満足な価値の提供を期待できる」

のです。

「責任感」とは、理念である理想です

おそらく、私たちの中で、上のような意味で本当に「責任感」のある人……それはほとんどいません。

私自身もですし、周囲にいる人の中にも、そんな人はほとんどいません。

一方で、

「私は、私のすべきことはちゃんと責任感をもってやっている」

と思い込んでいる人は、たくさんいます。

これは当事者になると見えにくいのですが、その場を一歩引いて客観的に見ると、よく分かります。

確かに、上で言ったような意味での「責任感」というのは、ある意味では非常に困難な要求であり、理想的であり、非現実的に見えるかも知れません。

しかし、前提として

「私は、私のすべきことはちゃんと責任感をもってやっている」

と信じ込んでいる人は、それによって自ら限界を作っています。

非現実的であろうと理念的であろうと、本来そうあらねばならないはずだと、本当の責任感を心の片隅にいつも置いておける人だけが、自分の価値をさらに高めてゆくことができるのだと思います。