失敗の経験には何の意味があるか

ふつうに考えて、失敗というのは「成功」の反対語です。

しかし、多くの成功者は

「むしろ失敗から学んだ」
「あの失敗があったから、今の成功がある」

というように言います。

失敗には、プラス面とマイナス目がある

だれもが失敗を避けようとします。

ふつうは失敗を怖れます。

しかし、振り返ってみると、失敗体験にはプラスの面も多く含まれていることが分かります。

……というか、過去の失敗を自分がどれだけプラスにできたのか、自分でも後で振り返ると分かります。

過去多くの人が、その裏面にあるプラス面も見るべきだと言いました。

さらには、失敗そのものをむしろプラスの出来事として受け止めるべきだという考え方を勧めていますよね?

失敗を活かすためには

失敗の内容や原因を特定しておく必要がある

と前に書きました。その原因を正しく把握することができれば次回の成功確率が若干なりとも必ず上昇するはずだからです。

ただ、実はこれは失敗を有効に活かす方法のすべてではありません。

たとえば、失敗した場合でも被害を最小限に留めるためにはどう行動すべきか?

失敗したと感じた瞬間から自然に湧き起こる感情をどうコントロールしたらよいか。

物事を多面的に見て、自分にとって有用な面を活かす技術であるとか。

あるいは、一つひとつの成功や失敗に一喜一憂せず、長いスパンで戦略的に見られる思考力とか。

……このような意味での成長、向上というのは、おそらく実際には失敗体験からしか学ぶことはできないでしょう。

つまり、失敗から学べることというのは、その失敗したことの内容に関してだけではなく、そもそも「失敗というもの」に関する学びのほうがむしろ多いと言うことができます。

そもそも失敗を活かす思考や態度が身に付いている人ならば、その人はもちろん「成功体験」も活かせるはずですが、同時に「失敗体験」も十分に活かせるはずなのです。

しかし、その「そもそも失敗を活かす思考や態度」というもの自体が、失敗を経験することによって出なければほとんど身に付けることが不可能なものと言えます。

……ということから考えると、結局、成功する人は、成功しても失敗しても、どちらの場合であってもそれから学び、それらを活かして結局成功する……ということになっているようです。

そして、その逆もまたあり得るということです。

物事をマイナスに捉え、常に悲観的な思考や態度を取り続ける限り、その人は一つひとつの行動について結局、成功しようが失敗しようが、その経験というのはその人にとってまったくプラスに働かなくなってしまいます。

だから、失敗を恐れるな

しばしば、

「失敗を怖れるな」
「失敗を気にせず、挑戦することが大事」

と言いますが、そうは言ってもふつう人はごく自然に、ごく感情的に反射的に、失敗をできるだけ回避しようとします。これは本能みたいなもので、ある意味当たり前の態度です。

しかし、意識的に理屈で考えてみれば、常に失敗を避けるように行動してばかりいると、結果的に不利な状況に陥る可能性が高いということも……頭では理解できるでしょう。

「失敗を怖れて、行動しないことが何よりも失敗」

というような言葉は、今ではむしろありきたりな表現ですし、考えとしてはだれもが理解できるものです。

でも、その考え通りに行動できる人は少ないです。

なぜでしょう?

もちろん理由はいろいろな面から説明できますが、ここでひとつ挙げるならば、それは、まず単純に「失敗」することに慣れていないからでしょう

多くの人が失敗を怖れてしまう大きな理由のひとつは

「失敗というものに対する慣れ」

が不足していることです。

単純に。

失敗の経験がないと脆い

これに関連して、よく

「失敗経験のない人は、弱い」

とか、

「逆境を経験したことのない人は精神的に脆い」

とか、そういう言い方をする場合もあります。

もし、成功というものを単純な一時的な状態ではなく、もっと長期間に渡る継続的なものとイメージするならば、過去に手痛い失敗をしたことがあるという経験そのものが、その後の「成功した状態」を長く継続させる上でも非常に有効に働く……という考え方があります。

テーマはちょっと違いますが、たとえば

「若い頃に苦労しておいたほうがいい」
「若い時に遊んでおかなかった人は、大人になってから変なことをする」

……といった台詞もよく聞きますよね?

その時点では、単純にはマイナスに見える行為や経験が、後にプラスに働くことがあるという意味で、ニュアンスが類似しているような気がしませんか?

単に一つの目的や目標を達成できるか、実現できるかどうかという意味での「成功」に限定するならば、これはあまり影響しないかもしれません。

しかし、実は失敗とか成功とかいった言葉を用いる場合、それはどの程度幅広い意味で言っているのか、あるいはどれくらいのスパンで物事の結果を判断するか……によって話が変わってきますよね。

「失敗」「成功」というのは実はきわめて主観的であるとともにかなり抽象的、階層的な概念です。

成功という言葉を大きく捉えると、成功するには「失敗に対する経験値」が必要なのです。

その意味で、失敗(その時点では失敗と思えるような状態)は、むしろある程度経験したほうが良いということになります。

失敗を経験した者しか成功できない

結局、失敗経験の意味の大部分は「失敗することそのもの」にあると言っても過言ではありません。

もちろん、単に失敗ばかりし続けているだけでは良いことはあまりありません。

その失敗をどう受け止め、何に活かすか、どうやってプラス要素を増やしてゆくか……とか、その都度の意味を持たせていく必要もあります。

ですが、それもある程度失敗というものを経験してみないことには知りようがないわけです。

「挫折や逆境を乗り越えた人でないと、大きな成功は掴めない」

と言われることがあります。

考えてみると、これは第一には大きな挫折や失敗の経験を通して、その人の考え方や行動パターンなどが大きく変化するきっかけになるから……という意味で話されることが多いです。

しかし、今述べた点を考えると、失敗をまったく経験したことがない人、あるいは、失敗に対応する意識や知識、技術などがまったく無い人は「成功状態」を長続きさせることが難しく、より抽象的な意味での「成功」が難しくなる、という意味にもとれます。

通常、人がイメージする「成功」「成功者」というのは単発の目標達成や願望実現だけではなく、むしろ

「単発の成功とか失敗とかが継続的に積み重なっている、その全体が成功に見える」

ということを表していると思います。

その意味での「成功」を手に入れるには、その途中途中で断続的に起こる「失敗」に対するスタンスや、ケアといったものについてのスキルが必須なのです。