「組織とは?」(私たちはなぜ就職するのか)

私たちはなぜ、いわゆる「会社」「企業」に就職しようとするのでしょうか?

もしかすると、就職するのは学校の延長で自動的にそうするものと思っているかもしれません。

確かに、特に日本では、ほとんどの人は物心ついたときから学校に通うのが当たり前になっています。

そして卒業したらたいてい就職します。

だからもしかすると学校も会社もまあ同じようなものだと考えているかも知れません。

実際、新入社員の中には、会社というものを学校の延長のようにイメージして入ってくる人は少なくありません。

また、はっきり言いますと……会社側もそういう人の心理を利用しているフシがあります。

忍336



組織に属するとは

しかし……学校と会社は決定的に違います。

組織とは

もちろん、違いはいろいろに表現できるでしょうが。

しかし、ここでのテーマに即してもっとも端的に言えば

「学校というのは、私たちにとっては組織ではない」

というところが、会社とはまったく違うのです。

学校と会社は、なぜ違うのか

たしかに、学校そのものは組織です。

たとえば……働いている先生にとっては明らかに組織です。

ただし、私たちはふつう生徒として通うわけですから、学校が定めた学級や学年という単位の

「集団」

には属したとしても、それは学校という組織を機能させる側としてではありません

むしろ学校という組織が提供しているサービスを享受する側です。

私たちは学校に生徒として属していることと会社に就職して社員として属することとを同じような感覚で捉えてしまいがちです。

でも、両者はまったく別のことです。

就職するとなると会社という組織に属することになります。

つまり、会社が提供するサービスを享受する側の集団ではなくて、会社という組織を機能させるための一員として属することになるのです。

最近では正社員として雇用されることを望まない人もいて、(私もしばらくそうだったのですが)いわゆるフリーターとして生計を立てようとをする場合もありますし、派遣社員という選択肢もあります。

しかし……たとえアルバイトでも派遣でも、職場となる企業やお店などの

「組織に属する」

という点ではいっしょです。

あなたはなぜ働くのか

ところで、あなたは

「なぜ働くのか」

と聞かれたらなんと答えるでしょうか。

もちろん理由は必ずしもひとつではないと思いますが……でも、おそらく多くの人が

「お金のため」

という答えを挙げるのではないかと思います。

では逆から考えて、お金を得るにはどういう方法があるでしょうか。

すると、別に必ずしも就職しなくても、自分で何らかの事業や商売をやって直接的に利益を求めるという手もあります。

つまり、だれかに雇い入れてもらうことはお金を得る唯一の手段というわけではありません。

また、仮に雇い入れてもらうとしても、その相手は必ずしも企業などの法人つまり組織でなくてもよいはずです。

何らかの事業や商売をやっている個人事業主に直接雇われるということも可能です。

つまりは、収入を得る方法として、組織に属するという他に方法はないのかと言えば実は決してそんなことはないわけです

しかし、現実には雇われている人が圧倒的に多い。

またその中でも個人に雇われる人はごくわずかで、他のほとんどの人は組織に属すること、つまり、いわゆる

「就職」

を自ら選ぶわけです。

本人がどう意識しているかはさまざまに表現できるとしても、とにかく事実上自ら望んで

「組織に雇われようとします」

これはどうしてでしょうか?

「なぜ働くのか」

と聞かれればお金のためと答えるのは想像しやすいです。

しかし

「なぜ組織に属して働こうとするのか?」

と聞かれたらなんと答えるでしょう。

仕事をして収入を感ることそのものは……組織に属する理由とはいえないわけです。

あなたはなぜ、組織に属したいのか

それで今度は

「なぜ会社に属したいのか?」

と質問します。

するとたぶん

「安定しているから」
「社会的に信用があるから」
「何かに属していないと感安だから」
「みんなそうだから」

など、いろいろな答えが返ってくると思います。

私の周りにいる人に聞いてもほとんどがこのような答えを自信なさげに挙げます。

これらを集約すれば、つまり組織に属するということが自分を保護し、自分や家族の生活を安定させることになる……と多くの人が考えていることが分かります。

このように考えている人は、組織が持つ力をむしろ積極的に受け入れているということになるでしょう。

そういう意識が、いつの間にか……組織に属することが経済的な感安を解消してくれる唯一の選択肢だというように強化されていくわけです。

組織に対する違和感

ただし同時に、組織というものに違和感や嫌悪感を抱いている人が少なくないというのも事実です。

終身雇用を当たり前だと思っている人も、今ではほとんど存在しません。

ある一定期間は組織に甘んじるとしてもそれは

「必ずしも永遠にその状態を望むという意味ではない」

とか、内心で心に決めているという人も多いはずです。

実際、多くの人がいずれ組織を去って自由になりたいという夢を見るものです。

夢のうちならまだいいのですが、あらかじめ自分なりの希望をはっきり持っている人の場合、この面では、つまり組織との関係性を自分なりに納得するのはかえって難しくなります。

そこには、組織の目的と自分の希望や予測との整合性が常に必要になるからです。

インティグリティ(Integrity)とは

この整合性が保たれなくなると、その組織に属していることは苦痛に思えてきます。

組織に属するとは、何を意味するのか

もちろん

「組織に属する」

とは、たとえば毎日出勤しているとか、職場に自分のデスクがあるとか……そういうことによって決まるわけではありませんよね?

実際には雇用、委任、派遣などの

「契約」

によって決められるわけですが、この契約というのは端的に言えば、対価を前提に

「特定の業務を行うことによってその組織に何らかの貢献をする」

という約束事のことです。

そして、そこで言う貢献というのは具体的には何であれ、集約すると結局

「組織が持つ目的の達成に力を貸す」

という意味ですよね?

組織は、あなたより先に目的を持っている

だれがどんな気持ちで属しようと、そもそも組織はそれ自体何らかの目的を持っています

その目的というのはふつうたとえば企業であれば「利益」というように表現されます。

もちろん、単に利益と表現できるほど単純な話ではありませんが……要するに、その企業が提供しようとする事業内容を通して継続的に利益を生み出す仕組みを回すとか、とにかく、あなたがその組織に属する以前から、目的がすでに決まっているということです。

どんな種類のものであれ、組織に属するというのはその組織が掲げる目的を支持し、それを達成しようとするという意味です。

そこに本質があります。

目的は「存在理由」ではない

……このようなことは今さらあえて言うまでもないことかもしれません。

しかし今あえてここで確認したいのは、組織が掲げる目的そのものは、実は組織に「特有の」目的ではないということです。

先ほど述べたように会社の目的は「利益云々」であるのは確かですが……利益を出すこと自体は組織に特有の目的ではなく、たとえば個人でもできることです。

つまりこれはよく考えると

「組織が必要である理由」

ではありません。

では、組織の存在理由はいったいなんでしょう。

そしてほとんどの人が組織に属することを望むのはなぜでしょう。

実は組織のほうが個人よりも有利な点は、その目的を達成するための

「パワーを強大化する」

ことです。これこそ組織の存在理由です。

つまり組織とは、パワーバランス上優位を獲感するためのシステムであると定義付けることができます。

組織で何かをすることのメリットは、個人のレベルとは比較にならない強大なパワーを獲得すること、そして目的達成のためにその力を最大に発揮することができるという点にあります。

そして、同時にこれこそ多くの人が組織に属することを望む本当の理由なのです。

「パワーバランス」とは、他者と比べたときの力量差のことです。

これは自分の目的を達成するために他者より優位に立てるか、それとも他者の影響や圧力を受けやすいかというような意味です。

組織はこのパワーバランスにおいて他者よりも優位に立つことを目指して作られ、活用されているわけです。

これはいわば目的ではなく「手段」なのですが、同時にこれこそ組織が組織であるべき理由なのです。

忍336



忍336