あなたが貯金ができない根本的な理由

自分でいうのもアレですが……私自身が、典型的な

「貯金できない」

人間でした。

通帳と印鑑

というより、私の場合、別に「貯金しなきゃ」といつも意識していながら、日々の生活に追われてなかなかまとまった貯金が作れない……というように悩んでいたわけではなくて、むしろ

「貯金なんて〇〇がやるもんだ、そんなこと、してられっか!」

という観念がありました。その頃の私は、そもそも「貯金」とか「保険」とか「年金」とか……そういうものを毛嫌いするタイプ、いわば

「確信的貯金否定論者」

だったのです。

忍336



なぜあなたは今、貯金しないのか

ちなみにあなたは、どのタイプでしょう。昔の私のように

① 貯金など必要ない、意味がないと思っているタイプ

でしょうか?

それとも、

② 貯金は必要だが、現実には難しいと思っているタイプ
③ 貯金はいずれは必要だが、今はまだ早いと思っているタイプ

でしょうか?

もちろん、学生時代とか、社会人になって間もないくらいの年齢までだったら、そもそも自分の価値観の中で「お金」に関することの優先順位はかなり低いものです。それは異常なことではありません。むしろ自然です。

しかし、社会に出て何年か過ごし、親から独立し、場合によっては結婚、子育て、親の介護や自分たちの老後……といった問題が身近になってくるにつれて、多くの人は当然に

「お金の問題」

を強く意識し始めます。

ですから、一定の年齢になって、でも貯金できないという場合、その多くは

② 貯金は必要だが、現実には難しいと思っているタイプ
③ 貯金はいずれは必要だが、今はまだ早いと思っているタイプ

のどちらかだと推測されます。

しかし、私は今は、

④ 貯金は、絶対に今すぐ始めるべき

という意見です。

お金を貯めるという観念がない人

私も以前は、貯金なんて無意味な行為だ……というふうに信じていたのですが、今は、それはとんでもない間違った考えだったと思っています。

貯金はだれもが今すぐ始めるべきです。

ところが、年齢によらず、以前の私のようにいわば確信的な「貯金否定論者」の人って実は意外に多いのです。私もずっとそうだったので、そういう考えも理解できます。

まず、お金を貯め込むという行為自体を無粋だとか、カッコ悪いとか思っている人がいると思います。持っているお金は出し惜しみせずパーッと使う、というのがその人の美意識なのです。

彼らはいつも節約を心がけている人や、こつこつ貯金や積み立てをしている人を嘲笑します。あるいは、貯金として流通しないお金を置いておくことが経済に悪影響を与えているとか、みんなでどんどん消費を増やしたほうが景気が良くなるといった持論を述べたりもします。

俗に、

「金は天下の回り物」
「宵越しの金は持たねえ」

……という表現もあるように、実はこういった考えはそれほど特殊なものではありません。

また、もともとそれほど十分とは言えない自分の収入の中から、ちびちび節約したりして地道に貯金などしていても、どうせたいした金額を貯めることなどできないという気持ちもあります。

そして、私もそうだったのですが、

「お金は必要になったらどこかから入ってくるもの」
「実力さえあればお金なんて後から付いてくる」
「本当に必要なら借りればいい」

それに、

「お金よりも、今しかできない体験のほうが大切」
「お金を貯めるより自分の経験値やスキルを上げることを考えるべき」
「本当の資産は自分の体と頭だけだ」

というような観念を(自己啓発っぽいですね)信じている人も多いかもしれません。

私はもちろん、今はこういった考えのもとに「お金を貯める」ことを全否定するような意見には反対です。

しかし、実はこのような言い分にも一分の理があるとも言えるのです。

なぜかというと、そもそも論で言えば、お金の存在理由は「貯める」ことではないからです。

実は「貯金否定論者」は少なくともこの一点については的を射ているのです。

「お金」は貯めるためにあるんじゃない

当たり前のことを言うようですが、お金というものは本来はもちろん、貯めるために存在しているのではありません。

一方では、しばしば日本の高齢者は特に、たくさんの貯金を蓄えているにも関わらずほとんど使わないまま亡くなってしまう……というような話を聞くこともあるでしょう。

あるいは、現役時代からせっかくため込んだ貯金や退職金なのに、本人たちにとっては実際あまり有効でない使い方で失ってしまう場合もあります。

ケースバイケースではありますが、たとえばそれほど乗り気でない資産運用を勧められて損をしたり、詐欺的な商法に引っかかったり、あるいは過剰に高額な医療費……少なくとも本人が納得して、満足しているなら良いのですが、結果として

「そんなことのために、ずっと貯金してたの?」

と感じざるを得ない例も度々あるのではないでしょうか?

では、お金は「貯めるものじゃない」のに、どうして貯金する意味があるでしょう。

なかなか貯金ができていないという方は、まず

「貯金の目的」

についてもう一度考えてみる必要があります。おそらく、貯金ができない根本的な理由は、貯金の目的を見誤っているからです。

それに、これは実は「今すでに順調に貯金が進んでいる人」にも同様に考えてほしいことなのです。

忍336



忍336