成功哲学は嘘?

自己啓発本などにはまるで既成事実のようにして紹介されているさまざまな知見や情報ですが、これには当然反論もあります。

中でも特に、いわゆる成功哲学と言われる分野でひんぱんに議論になりますよね?

「成功法則なんて、嘘っぱちだ!」

……って言う人、けっこう多いです。

成功法則は特別?

自己啓発と言っても、たとえば

「身近な人間関係を少し改善したいなあ」

とか、

「目新しい知識や考え方を取り入れてみようかなあ」

というような動機の場合は、本人もそれほどひっ迫していないし、そもそも試しに見てみよう……というくらいの感覚であることが多いので、そもそも本当かどうかってことにそれほど頓着しません。

「まあ、そんな考え方もあるんだなあ」

と、参考程度に聞いておく感じです。

「嘘だ! 本当だ!」

という話になりにくいのです。

しかし、いわゆる成功哲学、成功ノウハウという場合には、本人のそれに対する思い入れ、期待度が違いますよね?

そして、もし効果があるならメリットは相当に大きいはず。

そして、実際にはけっこうな労力や時間やお金や、その他諸々の犠牲を払って実行することになるので、逆に、もし何の効果もないとなったら……それは相当にダメージが大きいんです。

それだけに、嘘だ、本当だ、という議論も白熱するということになります。

再現性がない? たまたま成功しただけ?

たとえばアファメーションなどの願望実現法やポジティブ思考といった成功ノウハウ、そういった具体的なノウハウが、心理学や脳科学など専門の権威ある研究結果や統計、追跡結果によって出された科学的なデータに反しているという主張が時々あります。

また、科学的とは言えませんが実際のところ、多くの人がそれを信じて実践したのに、まったく何も起こらなかったというような個人的な報告を挙げています。

これは、ある意味

「ごもっとも」

な意見です。

ただ、もちろん業界側もそれを黙って認めているはずはありません。

「実は今まで言われていたノウハウと逆のほうが正しかったのだ」

とか、

「それは理解のしかたが間違っているからだ」

「使い方が間違っているからで、本当はこうやらないと効果ないんだよ」

とか、さらにどんどんノウハウを出してくるので余計にわけが分からない状態になります。

成功法則そのものを否定する人は少ない

ただし、特定の成功に関するノウハウや方法論が

「嘘だ」「間違っている」

と指摘する本とか、人というのは、実は自己啓発そのものを否定しているというよりはどちらかというと、その議論も含めて自己啓発関連の議論や活動を盛り上げている側に属するかもしれません。

「その成功法則は間違っている」

という場合、これはどこかに別の正しい成功法則があるという前提で言っています。

考えてみると、今は特に、今までのいわゆる正統派の自己啓発に対峙する形で逆の主張を展開する本や情報も多く出されていますが、それ自体もやはり

「自己啓発本」「成功本」

に属することになりますよね?