優越コンプレックスと「ふつうである勇気」

アドラー心理学がブームになったことで

「優越コンプレックス」

という言葉が認知されるようになりました。

ただし、一般概念として優越コンプレックスとは呼ばなかったかもしれませんが、言われてみると確かにそういう心理傾向を持つ人というのはかなり多くいただろうと想像されます。

個人的な印象かもしれませんが、一昔前までの教育って、むしろ子供に優越コンプレックスを植え付けようとでもしているかのような雰囲気があったようにも記憶しています。たまたま私がそういう印象を持ってしまっただけかもしれませんが……。

でも、世間一般にも

「まあ、ふつうだね」

と言うときの「ふつう」という言葉はしばしば、どちらかと言うと悪い意味に使われることがあります。

とにかく、そう思って振り返ってみると、確かに以前の私はまさに優越コンプレックスのかたまりにような人間だったと言わざるを得ません。

以前の私にとっては「ふつう」というのは即ち

「レベルが低い」

ということであり、

「軽蔑すべきもの」
「恥ずかしいこと」

というようなイメージがありました。

ふつうになってはいけないという気持ち

だって、私は特別な人間、特別な成功を収めるべき人間なんだから……その目線で見ると当然そうなるわけですよね?

今考えると、これは非常に幼稚な心理だったと思います。

これは本当に、自分で言うのも何ですが非常に不遜で高慢ちきな、同時に一面的で理念ばかりに偏った現実性のない考えです。

……しかし、ある意味では、つまり人間が一般的に成長過程で辿る心理の推移という意味では、これも別に私だけに限った話ではないのかもしれません。

【本:嫌われる勇気】

最近では一気に有名になった感のあるアドラー心理学ですが「優越コンプレックス」というのは、優越と言いますけれども、これは要するに劣等感の裏返しであってコンプレックスであることに変わりはありません

実際にはぜんぜん「優越的」じゃないのです。

しかし、少なくとも自分の中で何か他人より優越していると感じたい、あるいは他人からそう見えるように演じようという心理なので、少なくともその本人の主観としては基本的に

「自分は他者より優越している」

と感じているところが少しややこしいですね。

それだけに、周囲の他人も、ともするとその人を「優越的な立場」だと見做して接する場合があります。だから余計ややこしいのです。

優越コンプレックスを持つ人の特徴

優越コンプレックスを持つ人の心理や言動には

  • 自分が優越しているように見せたがる
  • 他人からの評価を気にする
  • 逆に自分を貶めることで注目を集めようとする
  • むやみに高い理想を求めようとする

といった特徴があります。

こうやって並べると、

「え、どうして私のこと知ってるの?」

……って感じなのですが(笑)

特に、上で書いたように私は、

「私はふつうじゃない。特別な人間にならなければならないんだ!」
「こんな、ふつうの人たちといっしょでたまるか!」

……というような気持ちをかなり小さい頃からずっと持ち続けていたわけですから、まさに典型的な優越コンプレックス人間だったと言えるでしょう。

優越コンプレックスは空想にすぎない

その頃私が言っていた

「私は成功する人間のはずだ」
「私は大きな成功を成し遂げなければならないんだ」

というような思いは、実は本当に何が具体的な目的や目標があるわけでもなく、どうしても実現したいことがあるわけでもありません

要するに、単になんでもいいから何かすごいことをやって、

「他人に認められたい」
「優秀だと思われたい」

というだけのことだったんだと今は思います。

そのために、むやみに高い理想を追い求めて……いや、求めているような気分になっていただけなのです。

具体的何か努力したり、挑戦したりするわけでもなく、ただ心の中で、頭の中で

「いつか成功しなきゃ……成功しなきゃ……」

と呪文のように唱えていたわけです。