善行とは「今すぐできる現実の行為」以外にない

そもそも純粋に善と呼べる行為なんて、現実の人間社会ではほぼ不可能な理想でしかないと考えている人もいるかもしれません。

しかし、私が考える「本来の善行」というのは別に観念的なものでも理念的なものでもなく、実行が困難なものでもありません。

祈る人

むしろ善行とはだれでも日常的にできる現実の行為です。

というよりも……日常的に今すぐにでもできる範囲のことでしか、本来人間は善行と呼べるような行為をすることはできないのだと思います。

純粋な善意とは、いわば「気まぐれ」のこと

世の中でしばしば取り上げられる慈善活動や、一般的には善良に見える行為はむしろ本来の「善行」には当てはまらない場合が多く出てきます。

その理由は、往々にして何らか別の意図が含まれているからです

別の意図というのはもちろん、たとえば見栄、虚栄心、嫉妬や猜疑心、あるいは甘言、謀略や罠……といったそもそもあまり褒められたものではない意図をもって行ういわゆる「偽善」に当たるものがあるでしょう。

しかし、私が思うには、一見「良さそうな意図」であっても、ダメなのです

それは、たとえば

「どうしてもその人を守りたい」
「世の中をもっと良くしたい」
「高潔に生きたい」
「神仏の御意思に従いたい」

……といった(これらはどれも非常に「善い」ことに見えます)ものであったとしてもです。

それではここで言っている絶対的な「善」とは呼べないものになってしまうのです。

個人に可能な善行の範囲

そこで、善行と呼ぶべき行為には、もうひとつ条件があるのです。

それは、あなたがしようとしているその行為というのが、自分にとってはやろうと思えば今すぐにできるような非常に容易なことでなければならないということです。

そもそも、善行とはその行為の対象や環境などが容易く自分の管理下に置けるような範囲のものでないと成り立たないということです。

ふと気まぐれに行っても、自分が意図しないようなおかしな結果や影響が出たりしないという確信がない限り、それは善行とは言えないのです。

そういう条件下であるからこそ、あなたはそれに単なる善意、つまり限りなく気まぐれに近い気持ちでいつでも対象に干渉しても……大丈夫なわけです。

いくら「善かれと思って」やったとしても、自分の予測が的外れだったり、予期せぬ事態に発展したり、あるいは自分の力の限界を超えた結果を期待していたりしたらダメです。

それは、その行為に何かしら単純な「善意」以外の意図、あるいは期待、願望が含まれているということを表しています。

だから、それは「単なる善意」ではありません。

だから、今言っている意味での「善行」でもありません。

(念のため言っておきますと、別に、だからやってはいけないという意味ではありません。それは善行ではない、善行とは別の行為だと言っているだけです)

芥川龍之介の蜘蛛の糸という話は、この意味で非常に示唆的な構成になっていると私には見えるのですが、実はこのお話の中でカンダタが生前行った、

「気まぐれに一匹の蜘蛛を助けた」

というその行為……それこそまさに、ここで言っている意味での純然たる「善行」に当たると解釈できるわけです。

そしてお釈迦様はなぜカンダタのために蜘蛛の糸を垂らしたかというと、大悪人であるカンダタのたった一つの善行、それが、実はそれこそが純然たる「善」であったからです。

だから、お釈迦様もまたそれに対して善行によって報いることができたわけです。

これと比較すると、他人の目から見て善と見えることであれ、あるいは、自分では善的な動機で行ったことであってさえ、それが純然たる善と見做されない場合も多々あり得ることになるでしょう。

象徴的に言うならば、あなたの頭上に垂らされる蜘蛛の糸の本数は、あなたがそのようにして行った善の回数ということになるでしょう。

「善」とは、あくまで行為の種類のひとつ

同時に、この意味で、善とは個別具体的な行為を指すのであって、善行というものは想定できますが、たとえばお釈迦様のような

「常に善であるような存在」

あるいは

「そもそも善であるような生き方」

というのは人間的な意味では考えられません。

今の論旨に合わせるなら、やることなすこと全部が「善行」であるような状態というのは、自分の行いのすべてを容易に自らの管理下に置けるということであり、それはつまり同時にその人が「全知全能」であるという意味だからです

人間的な意味での「善人」

たとえば世間一般に「善人」と思われているような人が、必然的に多くの善行をなし得るというような想定は、私の考えではまったく成り立ちません。

あるいは、ごく善良に一生をまっとうしたように見える人は、周囲の他者から見れば確かに善良であったかもしれませんが……その人の行為がすべて善行であったということにはぜんぜんなりません。

むしろ、その人は純粋な善行を一度も行っていない可能性すらあります。

逆に、世紀の大悪人だからまったく善行が不可能だとも言えません。どんな悪党でも大罪人でも、むしろそうであってすら善行とは日常的にかんたんにできることなのです。

私はそのように感じています。

観念としての善悪論について

いずれにしろ、私が一番言いたいのは人間が行うすべての行為について

「いちいち相対的な善悪の程度を評価する必要はない」

ということです。

私たちは単に、ほとんどの場合、善でも悪でもない営みに終始しているだけなのであって、しばしば、気まぐれに善を行うこともあるし、もちろん、しばしば悪を行うこともある存在にすぎません。

そして、私は昔から長い間、

「なぜ常に善人が損をするように見えるのか?」
「善はなぜいつも悪に対して力を持たないのか?」
「善はなぜいつも弱いのか?」

といった疑問を抱えていたのですが、今これに自分なりに答えるとすれば……。

まず善人とか、常に善なる状態といった観念がそもそも誤りで、現実の人間は善人でも悪人でもないからです。

それなのに、多くの人が何か他の動機や信念に支えられて常に善人であろうとしたり、あるいは他人を見て善人だとか悪人だとかいう評価をし続けるから世の中がそのように見えてしまうだけだ……ということです。

そしてそれは、多くの人がそもそも善悪について二元論または相対論で思考し行動しているからなのです。

善悪とは何かを論ずる人が立っている前提について