このブログは、ふつうに言うと、いわゆる「自己啓発」系のブログです。

仕事で今より大きな成果を上げるため。
長年の夢や憧れに一歩でも近づくため。
今よりもっと自分を成長させるため。
なりたい自分になるため。
経済的に成功するため。

……人がこのような願いを抱くとき、自らその方法を模索しようとするとき、

「自己啓発」

という行為なしに、どのようにそれを実現したらよいのでしょうか?

これは自己啓発という言葉が好きか嫌いかという問題とは関係ありません。

カテゴリー:

そもそもを言えば、人間が成長する過程で、自己啓発という行為は避けて通れません。

ただ、多くの人はそれに「自己啓発」という名前を付けたくないのです

自己啓発という「言葉」が嫌いな人。またいわゆる自己啓発本に対して批判的な人はたくさんいます。

また現代は、一見すると情報やノウハウが氾濫し尽くしている感があります。中には問題視せざるを得ない事例もあるでしょう。

何の前提もなくその中に飛び込むのは、まるで航海図も磁石も持たずに大海原へ船を漕ぎ出すようなものと言えるかもしれません。

自分が好む状態や状況を作り出したいなら、それに向かって行動しなければなりません

どれだけ知識を学び、頭で思考しても、行動が伴わなければ何も変わらない。

……これはだれでも分かっています。

しかし、では何をすれば結果に近付くのか?

何を「行動」と呼んでいるのか?

……それを判断し、決定するには、やはり情報が必要です。知識が必要です。

思考が行動を生み、行動が習慣を生むといいます。
習慣が変われば運命が変わり、人生が変わると言われます。

私たちは何をしなければならないでしょうか?
何をしないほうが良いのでしょうか?

「成功とはどういうことなのか?」
「本当の成功とはどういう意味なのか?」

……と思い巡らすことがあります。

迷うこともあります。

いくら厳密に思考しようとしたところで、

それは予測であり想像にすぎないからです。

もちろん、物事の方法論や知識、ノウハウを得ることも必要で、世の中にはたくさんの情報が存在しています。

いわゆる「成功哲学」というのもその一部です。

また、好むと好まざるとに関わらず、周囲のたくさんの人が、日々あなたに向かって

「これは重要だ」
「このことは絶対役に立つ」
「知っておいて損はない」

と、さまざまな知識や情報を提供するでしょう。

しかし、結局私たちは、自分の思考や行動によってもたらされたその結果を見て初めてそれが正しかったのかどうかを考えることができるのでしょう。

自分が望む成果を出すために行動しようとするならば、それに見合う「マインド」を備えていなければなければなりません。

ただし、自分自身のものでありながら「マインド」「意識」というもの自体が非常に抽象的な概念で、私たちはそもそも、自分自身の意識のすべてを把握し切ることはできません。

自分の意識というのが、どんな構造になっているのか?
どこをどう変えれば良いのか?

……その答えを的確に見つけるのはもちろん、だれにとっても容易なことではないでしょう。

自己啓発にしろ成功法にしろ、あるいは仕事の範囲でのスキルアップにしろ、自分自身にとって何が正しいか? どの道が最も良いのか?

それは自分が決めることで、自由である反面、正しく判断し、選択しなければすべて自分に跳ね返ってきてしまいます。

もちろん、あなたはいつも「自分のため」と思って行動しているでしょう。

あるいは、身近なだれかのためかもしれません。

しかし、あなたが何を望んでいるにしろ、自分が望むその道を切り拓くために、あなたが身に付けた知識やスキルは、本当に自分が望む場所へとあなたを導いてくれるでしょうか?

基本的に、成功は自分ひとりの力だけで掴み切れるものではありません。周りの多くの人たちに支えられ、助けられて初めて得られるものでしょう。

アドラーは「人の悩みのすべては対人関係の悩みである」と言いました。

もちろん人間関係とは、個別の現象だけ見てもきわめて複雑な問題です

しかも……私たちにとっては、そもそも成功が先なのか? 人間関係が先なのか?

また、自分を優先すべきなのか? 他人への配慮や思いやりを優先すべきなのか?

このような根本的な点から迷うことも少なくありません。

経済的成功を夢見る人は大勢います。

しかし、だれもが

「お金とはどういう性質のものなのか?」
「お金を求めて努力することは正しいことなのか?」
「お金より大切なものは何か?」

という疑問を持ったことがあるでしょう。

このような問いは、経済的成功を望む人ばかりではなく、だれもが乗り越えなければならないものです。

一方ではお金について語ることをタブーと捉え、お金に関して沈黙することを美徳だと考える人もいますが……少なくとも、語らずしてこの疑問を解決することはできないのではないでしょうか?

私たちの意識に現れる「思考」は、自分のマインドとか潜在意識と呼ばれる領域の中にあっては、きわめて限られた範囲と量のものでしかないと言われています。

とはいえ、やはり思考は私たちの顕在意識に許された最大の武器です。どんな目的であれ、実行するためには一定の戦略、方略が必要です。

私たちは、できるだけ正しく思考しなければなりません。しかし、それには正しい

「思考の材料」

を選択することも必要です。そして、正しく行動しなければ、正しい習慣を持たなければ正しい結果、望むべき結果に至ることはないでしょう。

すると今度は、いったい正しさとは何なのかという問題が現れ、私たちの思考は尽きることなく続きます。

私たちは日々いろいろなことを考えます。

その中には、自分にとって有意義な「気付き」もたくさん含まれます。

しかし、一見意味がありそうでいて、しかし、実は特に何の利用価値もないような単なる「意見」や「思い付き」もたくさん生まれるでしょう。

私はこういうのを「思考遊戯」と呼んでいます。

……しかし、これは本当に無意味なのか? そして、それならば私たちはなぜそれについて思考しているのか?

このブログは、あなたを自己啓発の海へと誘います。