やっぱCocoonにする!
成功に至るコンピテンシー

「それは在る」を読んで思ったこと

1 この世界が「在る」ということがすなわち神なのである 世界は「ワンネス」であって、二元論的な区別はどれも思考が生み出している幻想である。 たとえば「正しい」という観念それ自体がたゆまぬ変化の一時的状態にすぎないから、どちらが正しいかと問うこと自体が無意味なのである。 善と悪、自己と他者……といったすべてがこの理屈で説明できる。絶対有は絶対無と同じこと。つまり「在る」という存在そのものが神である。 すべてが「私」である。もしくはすべてが「私の一部」を...(続きを読む)
成功に至るコンピテンシー

「思考停止という病」を読んだときに思ったこと

1 トゥールミンロジックとは 三段論法のように論理チェーンで考えることは、厳密にはアプリオリが存在しない現実の世界では通用しない。 現在、ロジカルシンキングのベースとしてあり得るのは「トゥールミンロジック」である。 トゥールミンロジックとは、 ① データ(主張を裏付ける事実) ② ワラント(データがどのように主張を裏付けるかという論拠) ③ クレーム(主張) の3つで構成される。 トゥールミン(Stephen Toul...(続きを読む)
成功に至るコンピテンシー

「超雑談力」を読んだとき思ったこと

1 雑談は、ふつうの会話とはまったく違う 微妙な間柄の人と、適当に話をしながら、なんとなく仲良くなるという特殊な会話の方式である。 このように明確に区別して、雑談に適した特有の話し方を心がける意識が必要。 2 雑談力のポイント ① ただ会話のラリーを続ける 無理に面白い話をしようとする必要はない。結論やオチも不要。その他、会話や議論に関して一般的に言われるようなコツ(簡潔にまとめる、結論を先に言う、データを示して論理的に……など)を適用すること...(続きを読む)
成功に至るコンピテンシー

「苫米地英人の金持ち脳」を読んだとき思ったこと

1 欲望の絶対量が増えているからその分みんなが貧乏になっている 現在は、過去と比較すれば明らかに物質的豊かさやサービスの質は向上している。にもかかわらず以前より貧乏脳の人が増えているのは、欲望自体が以前より増幅された結果。相対的に欠乏感が強くなっていることが原因だ。 金持ちなのか分納なのかを測る尺度は決して収入や資産の絶対額ではない。 ……とは言え、理屈でこれを理解できても感覚、心情の上で納得できるものではないと思う。 実質的な問題は、経済的に計れる...(続きを読む)
成功に至るコンピテンシー

「リフレクション-内省の技術」 を読んだとき思ったこと

1 リフレクションとは リフレクションとは一般には「反射」。哲学や人材開発業界では「内省」を意味する。 2 リフレクションは「反省」ではない 一般的に言うところの反省というのが悪い結果や欠点に関して考えることであるのに対して、リフレクションは「自己の内面の観察」や「成長、学習機会を見出すこと」そのものに重点があるようだ。 3 内面のリフレクション 現在の課題(望む結果が得られない原因)を生み出している自分の思考に気付くことが必要。たいていその思...(続きを読む)
成功に至るコンピテンシー

『理想の人生をつくる習慣化大全』を読んで思ったこと

1 自分を裏切ることは強いストレスになる 感情や気分に流されて自己コントロール力を失っていると感じるときのストレスは、他人から支配され強制されている場合のストレスと同程度に強い。つまり自分が能動的に選択し実行しているという感覚が自分の幸福度を大幅に上げる。 2 習慣化のノウハウとは 自分自身がどんな方法だったら「乗りやすい」のかを考えよう。逆に言うと、たとえば自分にとって苦痛となるような方法論に固執していてはいけない。変にストイックになる必要もない。むしろ...(続きを読む)
FXを始める

トレードノートの書き方【FX】

トレードノートのすすめ 特にFXを始めたばかりの初心者は、とりあえずすぐにでも、自分のトレードを記録することをお勧めします。 ネットでも検索すればいわゆる 「トレードノートの書き方」 といった解説が多く出てくると思います。 「なぜ記録することが必要か?」「どういった内容をどの程度記録すればよいのか?」 といった点は諸説見られると思います。 でも、ここでは私の個人的見解として、トレードノートを付ける一番の理由は、記録しておかないと...(続きを読む)
成功に至るコンピテンシー

Googleドキュメントを使う

Googleドキュメントを使う理由  ① ワードに準じている あらゆるテキストエディタ、アウトラインプロセッサを試しても、結局ワード以上のものはないと思う。 ただし唯一の問題は互換性とアクセスのしづらさ。  ② オンラインで共有(複数の端末からアクセス)できる。 なので使用はほぼワードと同じでありつつアクセスも便利なGoogleドキュメント一択となります。  ③ アップルでもWindowsでも同じように扱える。 ちなみに、今現在はパ...(続きを読む)
その思考法はどうなのか

表の構造を用いて考える

最新の記事 作表する意味 ところで私たちは何のために作表するのでしょうか? それはまず ① 情報などを分かりやすく整理して示すため だと言えます。 業務上のタスクやスケジュールなどもそうですが、たとえば自分の発想したことや、随時入ってくる散在した知識や情報など……これらはいったん表としてまとめるとすっきりはっきりします。 つまりこの場合にはデータが先にあってそれを表として提示します。 私たちはふつう 「要素を...(続きを読む)
成功に至るコンピテンシー

いくら寝てもいつも眠い……は解消できるか?

「いつもより長時間睡眠をとったはずなのにまだ眠い」「毎日寝ても寝ても眠い。いくら寝ても寝たりない感じ」「集中しようと思っでも眠気が襲ってきて集中できない」「やらなきゃ、と思っているけど眠くて頭が動かない」 なんて悩みを抱えていませんか? そして 「成功者は寝る間も惜しんで行動するもの」「人と同じように寝ていたら目標達成なんて無理」「眠い、意欲がない……はマインドセットの問題」 「もっとモチベーションを高めれば眠気は起きないはず」 ……と「怠惰な自分」...(続きを読む)
FXを始める

FXの取引ロットの決め方(私流)

私も最初そうでしたが、たいてい初心者の人は、何も考えずごく単純に1lot(=1万通貨)で取引し始めると思います。 1万通貨が大きいか小さいかとか……たぶん最初はあまり考えません。考えられません。おそらく多くの人は、単にそのFX会社の取引ツールの仕様がそうなっているからデフォルトのまま始めるというだけです。 ある人は、長い間そのままトレードを続けます。 とは言っても……たとえばFX会社から追加証拠金を求めるメールが来たり、強制ロスカットに会ったりする...(続きを読む)
FXを始める

コツコツドカンを繰り返す人へ

コツコツドカンは典型的負けパターン FXにおける典型的な負けパターンというのは、他の多くのギャンブルと違って大きな特徴があります。 多くのギャンブルは、ごく少額の掛け金をもって一気に「大当たり」することを目指します。 大当たりが発生するまでコツコツ少額を出費を繰り返すわけです。 しかしFXの場合はそれが逆になります。 ふつう、FXの場合はむしろ、最初からある程度大きな資金を準備したうえで、それを使ってむしろ少額ずつ、主観的には 「非常...(続きを読む)
タイトルとURLをコピーしました