やっぱCocoonにする!

だれのためのスキルなのか

成功法にしろ仕事上のスキルアップにしろ「何が最も有効なのか?」「どの道が最も良いのか?」は自分が決めることで自由である反面、正しく選択しなければすべて自分に跳ね返ってきてしまいます。もちろんあなたは「自分のため」「身近なだれかのため」と思っているでしょう。しかし、あなたが身に付けたスキルは本当に自分が望む場所へとあなたを導いてくれるでしょうか?

だれのためのスキルなのか

マニュアルの意義を軽視する人はマニュアルを超えられない

ここで言うマニュアルとは、仕事の現場で使ういわゆる「作業手引書」のことです。 大手ファーストフード店やコンビニエンスストアなどで、アルバイトさんなどが作業を覚えるときに使う業務マニュアルのようなものが典型的ですが、あるいは、業種によって、また一般企業でも比較的大人数で行うオペレーションなどについてはマニュアルが存在している場合も多いでしょう。 こういったマニュアル類の直接的なメリットは、仮にその仕事をするのがまったく初めての未経験者でも、それを見てその通りに...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

インテグリティとは「目的の一致」という意味です。

最近、インテグリティ教育の必要性が叫ばれていますが、 「インテグリティ(Integrity)」 という言葉そのもの腑に落ちていない人が多いのではないでしょうか? 「Integrity」は日本語で直訳するのは難しい言葉ですが、ふつうは 「誠実さ」「高潔さ」「真摯さ」 というふうに訳されていることが多いです。 ……間違ってはいないのですが、実はこれではちょっと掴み切れていない感じがしますよね? インティグリティとは、単なる「気まじめ...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

それは本当に「チームワークが良い職場」なのか?

それは本当に「チームワークが良い職場」なのか? チームワークの良い職場と言ったら、あなたはどんなイメージを持っていますか? たとえば、メンバーどうしのコミュニケーションが良好で、和気あいあいとした雰囲気。勤務時間だけでなく、プライベートでもみんな仲が良いとか? お互いにいつも声を掛け合ったり、困っているときには助け合ったりできる関係。 ……といったことを思い浮かべるかもしれません。 もちろん、こういったことは非常に大切で、同じ働くな...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

段取りの意味とは? なぜこれほど重要視されるのか?

段取りの意味とは? なぜこれほど重要視されるのか? なぜ上司や先輩はわざわざ「段取り」という言葉を使うのか? なぜ、下準備とか用意という言葉ではなく「段取り」と言うのか? それはそれなりの意図、ニュアンス…… 「段取り」 という言葉に込めた思いがあるからですね。 たとえば業務ルーチンや作業工程があらかじめ決まっているような種類の事柄について、その手順を再確認するだけのような場合はふつうは段取りとは言いませんよね? 単に手順を「確...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

段取り力を高めるコツ

もちろん、仕事として「段取り」を専門としている方だったら段取りのプロフェッショナルになることが求められますよね? プロジェクトリーダーのような立場の方や作業の工程管理を専門としている方など、それはもう「段取り自体がメイン業務」ですからね。 ですが、特に仕事上そのような立場ではないとしても、どんな職種であれ段取り力は必須の基本的なスキルで例外なく高めるべき力となります。 段取りとは単なる準備ではない 段取りというのは単に「準備する」という範囲のこと...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

「5W1H」を使って仕事の見直す順番

「5W1H」を使った仕事の見直し方法 5W1H(六何の法則)とは When(いつ)Where(どこで)Who(だれが)、あるいはto whom(だれに対して)What(何を)Why(なぜ)How(どのように) の頭文字をとったものです。 「5W1H」は、さまざまな場面で使用されるきわめて汎用的、基礎的な思考フレームですが、ここでは自分の仕事内容を見直し、改善に期するための前提を考えるというテーマで使う例を挙げたいと思います。 ……まず、会社...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

「働く理由」を考える道筋

働く理由を考える 「働く理由が分からない」 と言う人がいます。 「働く理由」に迷い、ある人はニートと言われる状態に甘んじる。 ある人は「お金」を絶対化して経済的成功を夢見続ける。 またある人は「働く意味」を見失って燃え尽き、うつになる。 ……たとえば、転職しようとするときに 「志望動機」 に迷ってしまうのは他人に受け入れてもらいやすい理由付けを探そうとするからかもしれませんが、ではなぜ他人に受け入れられやすい理由付けを自信...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

新しい職場で速攻で愛される新人さんになる一番の秘訣

職場で愛される新人さんになる秘訣 新しい職場に入る新入社員の方や、新人さんって緊張しますよね。 一日も早く業務に慣れないといけないし、怖い上司や嫌味な先輩がいたらどうしよう、もし馴染めない雰囲気だったらどうしよう……と不安も募ります。 明日からそんな不安と緊張いっぱいの「新人さん」になるあなたに、新しい職場で速攻でみんなから愛され、可愛がられる新人さんになるコツをお伝えしましょう。 一般的に言われる「新しい職場になじめない原因」 一...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

安心、安全、安定と引き換えに起こる「不安」

人はなぜ組織に属するのか 多くの人が学校を卒業すると半ば自動的に就職します。 就職というのは企業という組織に自ら属するということで、私たちはある意味でそのために涙ぐましい努力をします。 でも、それはいったいどんな動機からでしょうか? 3A(安心・安全・安定)の渇望 私たちは実際、物心つく頃から今に至るまで数の論理とか集団の力というものを体感的に理解して育ちます。 そうでなくてもひとりぼっちは何となく不安です。何をするにしても集団に属し...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

質問の仕方

質問の仕方を振り返ろう うまく質問できないために自力で仕事を進めることができない社員がいます。 質問が下手なのでいつも作業が遅滞する 「仕事の遅い部下」 がいます。 質問の仕方が悪い人というのは、周囲の多くの人にとってストレスや、疲労や不満のタネです。 ということは、逆に言えば自分の仕事の価値や行動の内容を 「質問」「問い」 という切り口で振り返ることは非常に有効な方法になります。 ① 同じ質問をしない よく ...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

「相手の立場に立って考える」のは相手のためじゃない

「相手の立場に立って考える」 だいたい、こういう言葉は小学校の頃に聞いたと思います。 「相手の立場に立って考える」のは相手のためじゃない 当然、多くの人はこれを道徳的な問題として、また人間が身に付けるべき人間性の醸成や社会性の獲得……という問題として理解していると思います。 「相手の身になって考える」 とも言いますよね? つまり、かんたんに言えばこれは 「親切心」「思いやり」 を持つということとほぼ同じ意味です。 ...(続きを読む)
だれのためのスキルなのか

「時間を守る」ことはなぜ大切か

「約束の時間は必ず守る」「遅刻しそうなときは必ず連絡をする」 ……こういった注意を一度も聞いたことがないという人はいないでしょう。 しかしこれを常に実践している人というのは意外に少ないです。 あなたの周囲にいる身近な人の中で 「あの人は特に時間に厳しい」 という評判を得ている人を思い浮かべてみてください。いるようで実際にはなか見つからないのではないでしょうか? なぜでしょう。 ……それは多くの人が、時間を守るということを 「そ...(続きを読む)
タイトルとURLをコピーしました