多くのビジネス書や自己啓発本に出てくる

「すべての仕事に共通するルール」

みたいなものは、本当を言うと

「仕事の」

というよりは、それ以前の、あるいは仕事という範囲も含めた

「人間の」
「社会の」

前提的な約束事に関する知識と言ったほうが近いような気がします。

私自身、さまざまな職場を経験した中で立場も業態も雇用形態もさまざまでしたが、結局のところ上司や先輩に言われること……そして自分が部下や後輩に言っていることも、だいたいいつも同じだったなあ、と感じます。

人に業務について教えたり、指導したりするとよく分かると思います。

「毎回、同じことばかり言っている……」

どう表現するか、どう伝えるかは差がありますが、仕事をする上で大切な考え方というのはかなり共通しています

つまり端的に言って、私たちは

「仕事の基本」

を学んでいるというよりも、人間のあり方とか社会性とかいったものを

「仕事を通して」

学ばせてもらっているようなものなのです。

機能の崩壊

ところが、今、職を取り巻く環境が大きく変動してしまいました。

人々の価値観も多様になっていて

「それはあなたの考え、私は私の考え」

というスタンスが許される場面が多くなりました。

それに合わせるように、何でも自己責任という風潮が蔓延してきました。

すると、以前ならどんな職場でも必ず言われたような基本的な指導さえ受けられない場合が出てきます。

自由な気分が許されている反面、企業などに所属する個人的なメリットが大きく損なわれているというふうにも見えます。

また、たまたま最初の段階で自分が選んだ職場環境によって、仕事から得られる価値があまりにも違いすぎます。

給与や待遇ではなくて、そこから学べることという意味でもです。

昨今

「自己啓発」

というのが一種のブームのようになっている一因はこんなところにもあると感じます。