本ブログについて

本ブログ「自己啓発へ」をご覧いただきまして、誠に有難うございます。

迷い多き時代。現代を生きる私たちにとって、他のすべてのことが同様にそうであるように、自己啓発という言葉もまた、人によっていかようにも解釈し得る、むしろそのために何の意味も持たない空洞のような言葉になりつつあります。

私は最初、このブログはあくまで個人の成功法というものについての自分なりの体系を整理し、収斂するつもりで書き始めました。

個別の具体的な状況を前提すると、どうしても人それぞれの問題意識や価値観、立場や条件などを起点に思考し、対応せざるを得ない面があるからです。

もちろん経済的にも精神的にも、豊かに恵まれた環境を望み、手に入れることは大切です。

それはむしろ前提です。

しかし、それは究極的には「目的」とは言えない。

成功哲学という言葉がありますが、それは成功する手段を模索することではありません。哲学というからには「成功」というもの自体を哲学すること、つまり成功とは何かを思考し、語り合うという意味であるべきだと感じています。

そして、単なる言葉や想像による概念としてだけではなく、事実上

「成功というものを実感として語り得る状態にあること」

それが可能な段階に至っているということがまさに「成功している」ということなのではないでしょうか?

ところで、そうして考え直してみると、実は「成功哲学」とは一般に「自己啓発の主要な一分野」とも言えますが、実は私たちにとっては「自己啓発」のほうが上位の目的であり、成功というのはそのための一手段、あるいはむしろそのための一条件にすぎないのではないかとも言えますよね?

同様に、おそらく私たちの多くは、いまだ仕事や社会的ステータスや、あるいは経済的成功や幸福の追求、それらのために自己啓発という手法を用いているに過ぎません。

しかし、実は私たち人間は、むしろそれらの条件を満たしながらも、最終的には

「自己啓発へ」

と向かっていくべき存在であり、それに至って初めて成功や幸福を言葉として語り得る理由を得ることになるのではないか。

……このように思い巡らせていたら、結局「自己啓発へ」というごく単純なブログ名になったと。

こういうことでございます(笑)

管理者について

滝口 来(たきぐち らい)

1970年生まれ 新潟県出身
法政大学法学部卒
2006年より 個人の問題解決をサポートするシンキングアドバイザー活動を開始
2007年 経営者育成サポート事業を展開するも1年で撤退
現在は主に執筆業、個人向け顧問業

※ 本ブログ経由での個別のご依頼はお受けしておりません。なお上記以外の事項に関しましては必要に応じ遅延なく提示いたします。サイトおよび関連書籍の内容に関するご質問、ご感想等はこちらからお寄せ下さい。

お問い合わせ

サイト内での書籍販売について

当サイトでは一部ページにおいて電子書籍の紹介および他サイト等への広告リンクを設置しております。

移動先で提供されるサービス等の内容について当サイトでは一切責任を負いません。返品やキャンセル、または正常にダウンロードできなかった場合等の対応についてはリンク先の各販売サイトの規約に従います。

プライバシーポリシー