焦るとロクな考えが浮かばない

最新の記事

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ここでは一般的に

「投資にはリスクが伴う」

とか言う時のような意味での『危険性』のことを取り上げたいわけではありません。

「FXに参加した人の90%は1年以内に市場から去っていく」

などと言われてもいますが、ある程度の資金を準備して、相当期間トレードを続けているうちにその資金を溶かして退場してしまった……という話なら(もちろんそれはそれで歓迎すべき事態ではないですが)しかしそれだけなら

「FXは危険だ」

と声高に叫ぶには至らないと私は思うのです。

私は、少なくともFXが危険だというのは

「予想以上の(時に致命的な)負債を抱えてしまう場合がある」

という意味だと考えたいと思います。

この前提で言うと……おそらく、考えうる危険性というのはかなり限定されると思います。

そして、主にそこについて対策を練ればよいのであって、逆にそれ以外の面で不必要に怖がったりする必要はないということになります。

FXの危険性 ① 勝算がないのに際限なく資金を注ぎ込むこと

純粋に理論的に言えば勝つか負けるかの確率がほぼ2分の1に見えるFXですが、実際に取引するとだれでもそれが事実上は絵空事であるということにすぐ気が付くと思います。

実践のトレードでは人間はそもそもいわゆるプロスペクト理論と言われるような心理的な不利を抱えて取引を行うわけです。

その上、相場はそもそもが一般的な予想を常に裏切るような値動きをするものとも言われています。

むしろ、仮に何の考えもなく本当にまったくランダムに(たとえば本当にサイコロでも振って売りか買いかを決めるとか?)トレードできるなら、それで初めて勝つ確率は本当にほぼ2分の1に近づけることが可能かもしれません。

しかし、そんなトレードを行う人はまずいません。だれもが自分なりに少しでも勝つ確率を上げようと試行錯誤します。

しかし、皮肉なことに、まさにそうすることによって多くの人はむしろ結果的には自ら勝率を下げてしまうのです。

自覚してるなら「危険」ではない

ただ、もし初めから

「負けてもいいや」

と思ってやっているという人がもしいるとすれば、それは単に損ではあるけれどもここで言うような『危険』とは違うと思います。

FXに限るとあまり想像できないかもしれませんが……たとえばパチンコや競馬といった一般的なギャンブルでは、むしろ初めから

「トータルすればほとんどの人が負けるに決まっている」

と分かった上で、初めからそのつもりで

「好きでやっている」

という人がかなりの割合で存在すると思います。

たとえば単なる娯楽として割り切って、自分の財力の範囲内で遊んでいるというなら、それはそれで他人があえて咎めるようなこととも言えません。

そして、その範囲であればぜんぜん危険ではありません。

問題となるのは、他のギャンブル同様

「本人がそれにのめり込んでしまった場合」

です。

つまりこれはFXだけに限ったことではなく他のどんなギャンブルとも共通している問題で、いわゆる「依存症」のような状態と言えます。

こうなると際限なく資金を突っ込んでしまいます。

もちろん、おそらく他の多くのギャンブル依存症と同じく、やっている本人は自分自身が依存症に陥っている状態だということを自覚してもいないし、自分が今信じている「勝てる手法」が幻想で、本当はトータルで浮きようのない不完全な方法論なのだということに気が付きもしません。

あるいは、いわゆる聖杯探しや、ノウハウ収集に明け暮れて様々な手法を試しては捨て、試しては捨て……と繰り返しているのも、俯瞰的に見れば同じです。

つまり、それだって一歩引いてみれば、そのようにして

「いろいろな手法を次から次へと試していけば、いつか正しい勝てる手法に巡り合える」

という幻想にハマっているということになります。

トレード以外で資金を削るな

ちなみに、いわゆる勉強とか研究と称してトレード以外のことにお金を使い過ぎる傾向のある人は、結局トータルで自己資金をトレード自体に集中できていない分、明らかに不利となります。

ある程度の知識や基礎的な手法などを学ぶという意味で、ごく最初の段階で幾ばくかを

「授業料」

とみなすことは有効な場合もあるかもしれません。

しかし、たとえば次から次へといろいろな手法やツールを買っては捨て、買っては捨て、としているだけならトータルで時間と金の無駄です。

あるいは、投資の口座やセミナー、サロンや教室といったものに参加する費用が固定費のようになってしまっているなら無意味でしょう。

もちろん、その費用を上回る利益がコンスタントに得られるなら別ですが、もし肝心のトレードのほうでプラスが出ていないのに月謝や会費だけが毎月取られるという状態で長期間いるのであれば、たとえどんな理由を並べられたところで実際には何のご利益もないお賽銭に過ぎません。

本来を言えば、最初から実際に役に立つものを選んで集中的に学んだほうが効率がいいとは思います。

ただ……一度や二度の失敗ならだれにでもあり、良い経験を買ったと割り切ることも可能です。

しかし、いつまでも際限なく他人のスキルやノウハウに頼り続けようとする姿勢を続け、その結果出費ばかり膨らんで、それを取り返そうとしてさらにマイナスを膨らませ……ということになるとそれは結局のところ

「勝算がないのに際限なく資金を注ぎ込む」

という結果は同じなのですから、やはり形を変えた「ギャンブル依存症」状態に陥っていると言わざるを得ません。