有名な経営者の方などの自伝やインタビューなどを見ていると、

「成功する人の最も重要な資質は何でしょうか?」

というような問いかけに対して

「素直であること」

を第一に挙げる人が多いように思います。

素直な人の優れた特質は?

で、どうして素直な人ほど成功しやすいと言われているのかと考えると、もちろんもっとたくさんあると思いますが、代表的な点とすれば、まず

① とにかく人に好かれやすい、嫌われにくい

というのが、正直言って一番のメリットになっているだろうと想像できますね。

「裏表がない」
「ひねくれたところがない」
「分かりやすい」
「親しみやすい」

ということになれば、だれだって悪い印象は持たないでしょう。

たとえば、経営者や会社の上司から見ても、業務上の評価につながる効果もあるでしょうが、おそらくそれ以上に、単純に

「いいヤツ」
「かわいいヤツ」

と感じる可能性が高く、何かにつけて有利な対応をしたくなるのは人間の自然な感情です。

人によっては、そのように上の人から特に目をかけられたりするのが

「うざい」
「めんどくさい」
「気に入らない」
「依存したくない」

……とか感じるわけですが、素直な人はそういう考え方を選択しません

たまに、ちょっとくらい気に入らないことが起こっても、いちいち立ち止まらないし、くよくよ考え続けたりもしないし、そんな様子はおくびにも出しません。

素直だから(笑)

② 信頼されやすい

素直な人の言動は、周囲から見た場合も意図が明確であることが多く、ある意味で一貫性があるので、信頼感があります。

ここで、ある意味での一貫性というのは、必ずしも本人が何か特定の主義や強い信念などを意識して「意図的に一貫性を保とう」とこだわっているとかではなくて、むしろ素直だから行動や判断が自然に

「原則に合ったものになりやすい」

ことから、結果として出てくるある一貫したもの、というようなイメージに近いです。

③ 余計なことを考えて、時間を浪費しない

素直な人は、ものの原則や、いわゆる本質のようなものをまっすぐに感じ取る傾向がありますから、比較的ムダが少なくて済む傾向があります。

完全ということはもちろんありませんが、ふつうの人と比べると効率が良いと言えます。

④ 理解、習得が早く、結果として仕事の覚えや成長が早い

必然的に物事の理解や習得が早くなりますよね?

遠回りをする数が少なくて済みます。

執着心が少ないので目的に向かっているときに、個人的な感情や、関係ない他のこと(たとえば、一般的に多くの人がこだわるようなこと。名誉とか自分の立場、だれの責任だとか、だれが仲間でだれが敵とか、あの人に教えを乞うのは嫌だとか、そういうこと)に気を取られずに済みます。

これはその人の学習能力を高く保ち、必然的に成長しやすい環境を作り出す効果がありますから、なんであれ早く覚えるし成長、向上も早いということになりやすいでしょう。

⑤ 手を抜かない

上記とも関連しますが、今自分に課された役割が何なのか、それを何のためにやっているのかを素直に理解し、それを素直に全うしようとしますから、素直な人というのは基本的に何をするにしても手を抜こうとしません。

自分の一時的な感情や、損得勘定などよりも、その本来の目的のほうを優先するのです。

以上のように、いくつかの点を考えるだけでも、素直な人は成功しやすいのは明らかと言えるでしょう。

多くの成功者たちが、

「成功に必要な一番の資質」

として

「素直さ」

を挙げるのも頷ける話です。

インティグリティ(Integrity)とは?

あなたは自分を素直な人だと思う?

実は、素直な人というのは、たいてい

「自分のことを素直な人間だという自覚」

を持っていることが多いです。

なぜなら、素直な人から見ると、周囲の人たちの行動や、話すこと、物事に対する反応の仕方が、素直な人から見ると非常に不可解な、訳の分からない複雑怪奇な(?)ものに見えてしまうことが多いからです。

「あの人はなぜ、そんな回りくどい考え方をするんだろう?」
「みんな、どうしてそんな部分にこだわっているんだろう?」

というふうに、周囲の多くの人たちと、自分自身との違いに気付かざるを得ないのです。

すると、現実には素直な人って意外に少ないということに気が付きます。いわば、他の人たちの「素直じゃないところ」を多く知ることによって、自分自身が素直な性質を持っていることを知るわけです。

あなたもそうですか?

「素直」は成功への最短距離

話を戻しますが……上記の通り、素直な人というのは、いわば

「成功というゴールに対して、最短距離にいる」

と言っても過言ではありません。

はっきり言って非常に有利な「資質」であるのは確かです

と……ところで、このように言うと、

「私は元来、素直な性格だ」

と思っている人にとっては、とても嬉しいかもしれません。

実は若いころ私も、こういう話を聞くといつも

「よし。じゃあボクは素直だから、きっと成功できるぞ」

と内心ほくそえんでいた記憶があります。

でも、ちょっと待ってください。

たとえば……私も昔よく言われたんですけど、周りの人があなたに向かって

「君ってホントに、素直な人だね(笑)」

って言ってくるとき……。

それ、どっちの意味で言ってるのかなと

素直な人とは「単純な人」のことではない

えっと……ここからは逆に、自分のことを素直な人間だと自負している人にとって「嬉しくない」話になっちゃうんですけど。

実は、自分のことを素直だと思っている人のうち、かなり多くの割合の人が

「素直、じゃなくて……単純なだけ」

かもしれない、と疑ってみる必要があるのではないかと、私はそう言いたいわけです。

ま、私のことなんですけど(泣)

実は私も、これを長い間、勘違いしていたと思うんです……なにせ単純ですから。

自分が素直な人間だと感じている人ほど、

「素直さと、単純さを混同している」

可能性が高いと思うんですね。

私は実感してますけど……これってはっきり言って実はものすごい大損こいてる可能性がありますからね?

ということで、次の記事もお読みください。

単純な人は「成功できない」7つの理由

……素直な人なら読んでくれるはず(笑)