ワードプレスではデフォルトでメール投稿の機能があるようですが……サーバーも含めた設定が(分からない人にとっては)ハードルが高そうに見えるため……私は

「JetPack」

というプラグインを利用することにしました。

AmazonPrime(30日間試用あり)なら映画、音楽、Kindle本から対象作品が無料で利用できますよ

Jetpack by WordPress.comを使う

ワードプレスのふつうの管理画面からプラグインを検索します。

「jetpack」で検索すると出てきますが、名称は

「Jetpack by WordPress.com」

になっています。

「今すぐインストール」

を押すと……いったんログインを求められます。

最初意味が分からなかったのですが、ワードプレス自体のログインとは別に「jetpack」そのもののアカウントの作成を求められるので、作成した上でログインします。

で、ログイン後は「jetpack」の管理画面になるので、いったん下部の

「デフォルトの管理画面に戻す」

というボタンでいつものワードプレスの管理画面に戻します。

メール投稿機能の有効化

ワードプレス内のメニューに「jetpack」の項目ができているので、そこの

「設定」

から入って

「執筆」

というメニューをクリックし、下部へスクロールすると

「メール投稿」

という欄があります。

「メール送信を通じて投稿を公開」

を「ON」にして

「アドレスを生成」

をクリックすると、それらしきアドレスが表示されます。

その後、設定を保存するようなボタンはないようです。そのまま移動して大丈夫みたいです。

で、要するにそのアドレスにメールを送れば、新規投稿となります。

ちなみに、送る側のアドレスは何でもいいみたいです。つまり、生成されたメール投稿用のアドレスさえ知っていれば、だれでも投稿できてしまうということなので、他人に教えないようにしましょう。

メール投稿するとき

私は、今までは投稿したい内容が思い浮かんだ時にはいったんメモしておいて、パソコンの前に座ったときに初めてそれを記事として書き始める……という流れで投稿していました。

でも、それだと手順として面倒くさいし、あらためてパソコンに向かった時点では

「いったい何をどう書きたかったのか?」

……を半分以上忘れているため、結局そのままボツという確率が非常に高いので難儀だなあと思っていました。

iPhoneなら時間さえ許せばほとんどどんな状況でも書くことは可能です。ただ、私は携帯で文字を打つのが非常に遅いから、それはそれで非効率な気もするのですが……でも、ボツが量産されるよりはマシだなと。

ところで……ついでといっては何ですが、iPhoneからのメール投稿の場合、自動的に

「件名=投稿記事のタイトル」
「本文=記事内容」

です。

で、私の場合は別にメールだけで記事作成を完結させたいというわけではなくて、結局後から編集等の作業はパソコンで行った上で

「公開」

したいわけです。

なので、メールで送った時点では

「非公開」

にしておきたいです。

……そうするには、メール本文の末尾に

「status private]

と書いておきます。

メール上でカテゴリーやタグなど、もっといろいろ細かく指定したいときにはそれ用のショートコードがありますので、それを追加して送ればいいようです。

GMO WP Cloud

私はこちらを参照させていただきました。

iPhoneで定型句を辞書登録する方法

上記の

「status private]

などのショートコードですが、いちいち打つの面倒くさいですよね?

……もちろん、ひんぱんに使う語は検索候補に出てくるので特に不便と思わないかもしれませんが。

毎回必ず使うショートコードを、まとめて辞書登録しておけば一発で表示することができます。

通常、パソコンではよく使う機能ですが、iPhoneでも可能だとは初めて知りました。

設定は簡単。

iPhoneの

「設定」

「一般」

「キーボード」

「ユーザ辞書」

と選択し、右上の「+」をタップします。

後はパソコンと同じですが

「単語」

のところに表示したい文字列(単語の他、文章でもショートコードでもメールアドレスでも何でも登録できます)を入れ

「よみ」

のところには、入力の際に実際に押す文字列を入れます(表示するごと一致している必要はないので、自分が覚えやすいものなら何でも良い)。

「保存」

したら終了。

次からは「よみ」を入力しただけで登録した定型句などが一発で変換候補に出現します。

……これは便利だと思う。

私は、ついでに投稿用のメールアドレスも辞書登録してしまいました。