「私には夢がある」

という時の、夢というのは「目標」とは違うのでしょうか?

同じことでしょうか?

ふだん私たちはあまり細かく夢と目標の違いを区別したりはしませんが、たとえば実際に自分にとっての

「将来の夢」

といったものを意識的に考えようとすると、ふと疑問が湧き起こることがありませんか?

「そもそも夢ってどういうことだろう?」

と考え始めると意外に迷ってしまうことがあります。

夢と目標は同じではない

……取っ掛かりとして「夢」の反対語(対義語)は何かと言えば、それは当然

「現実」

ということになります。

つまり夢というのは、単純な意味では

「現実でないもの」

のことです。この意味では夜見る夢も将来の夢も同じですね。

ちなみに……じゃあ「目標」の反対は?

少なくとも「現実」ではありませよね?  目標の対義語が「現実」だ……と言ったらおかしいですもんね?

ということは、少なくとも言葉の意味からして「夢」と「目標」は何か別のものであることは確かなようです。

夢とは何か?

もともと、夢というのは夜眠っているときに見るアレのことですね。

睡眠中に見る夢も、将来の夢も少なくとも現時点ではどちらも「現実ではないもの」です。その意味では違いはありません。

ただし、私たちは睡眠中に見る夢を自分では選べません。そして、その夢が現実になるとは(ふつう)思っていません。

縁起の良い夢、悪い夢、恐い夢……これらは自分の意図とは無関係に勝手に現れるもので、朝起きたらそれは「現実じゃない」ということはすぐ分かります。

しかし、将来の夢という場合には、今は「現実じゃない」けど、将来的には現実にしたいという気持ちがあります

本当にそうなるかは分からないけど、なったらいいなあという「期待」「願望」がある。

つまり、将来の「夢」というのは、自分が意識の上で、自分自身の期待や願望に基いて選んだものです。睡眠中に見る夢との違いは、これは

「自分が望んで選択した非現実」

だということです。

ところで私たちは、起きているときでも空想や妄想に耽ることがあります。しかし、これもふつうはそのまま現実になるなんて思いません。

「なったらいいなあ……」

と感じる場合もあるかもしれませんが、いつか現実になる可能性があるものとして選択はしないのです。

逆に言うと、空想や妄想でも、自分が選択すれば「夢」になり得ます。というか、実際には私たちは自分の「想像・空想・妄想」といったすべての「現実じゃないもの」の中から夢を選んでいることになります。

要するに、夢とは自分が選択した非現実のことです。

では、目標とは?

目標という場合、それは今の時点で現実じゃないという点では夢と同じです。

しかし、それは

「現実になること」
「現実にすること」

を前提に設定するものです。

目標とは一種の「約束」であり「設定」です。

現実にするという前提がなければ、そもそも目標というものは成立しないのです

……とは言っても、私たちは目標というものが必ずしも実際には現実にならないということをすでに知っていますよね?

では、結局は現実化しなかった、守られなかった目標というのはいったい何だったのでしょうか?

(ここからは一般的な定義ではありません)

これは私流の、個人的な言い方ですが……はっきり言って、実際に達成されなかった「目標」というのは、事実上は夢とまったく同義です

もちろん他にも人によっていろいろな解釈や定義の仕方があるとは思いますが。

でも私はあえてこのように、単純にきっぱり区別したほうが分かりやすいと思っています。

夢とは

「自分が選択した非現実」

だから、叶おうが叶うまいが、夢は夢です。

目標とは

「現実になることが前提である非現実」

よって結果的に現実化しなかった目標は、何と呼ぼうが実際は夢と同じもの。

……です。

それなら「夢を叶える」ってどういうこと?

夢を叶える、という言い方をします。

先ほどの言い方だと、あくまで非現実なのが夢なのだから、叶ってしまったら夢とは言えなくなるじゃん!

……と考えることもできますね。

それはその通りです。

だから実は

「夢を叶える」

という言い方は、本当はかなり雑な言い方だと思うのです。

もう少しきちんと言うとすれば、夢を叶えるというのは

「夢を、連鎖した複数の目標に置き換えて現実化させる」

という意味です。

夢と目標というのは正確にはこういう関係性がある別の概念です。

ただし、前に書きましたが、仮に夢がなくても目標というのはそれ自体を設定することもできます。

言い換えれば、夢を叶えるには「目標化」が必須なのですが、目標を持つのに「夢」は必須ではありません。